Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • リリース日

    2010年 1月 22日

  • 再生時間

    13曲のトラック

1997年1月22日、ファンハウスよりリリースされた6thアルバム。
レコード会社を日本コロムビア(TRIADレーベル)からファンハウス(現・アリオラジャパン)へ移籍後第一弾となるアルバム。このアルバムから吉井和哉の単独プロデュースとなった。『smile』『FOUR SEASONS』の意識的にポップを目指したアプローチから一転、初期の妖しげなサウンドに回帰している。レコーディングは前作に続きロンドンで行われた。吉井は本作の制作にあたり「1日3曲録音をノルマ」とし、300曲作成したものからさらに80曲に絞り、その曲の中から厳選したものが本作収録曲である。タイトルの『SICKS』は、6枚目の「SIX」と「ロック(6)」、病気の「SICK」の3つを組み合わせた造語。大阪にて『JAM』のキャンペーン中に吉井が思いついたものである。
前作に次いでオリコン初登場1位を獲得。約80万枚を売り上げ、オリジナルアルバムでは自身最大のヒットを記録した。吉井は当時の状況を振り返り、「好きなようにやった。楽曲の構成も従来の型を破れた」「自分の中で、音楽がものすごく噴出してるのがわかった」と語っている。

吉井本人が最高傑作と自負する作品であり、「『SICKS』は他のバンドにはない音であり、他の邦楽にもない音である」と語る。また、他メンバーが作曲をした『TVのシンガー』『創生児』『HOTEL宇宙船』を絶賛しており、『どの曲もSICKSの匂いがする曲』と評価している。メンバー選曲のベスト盤『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも本作から最多の7曲が収録されており、他メンバー作曲の3曲もすべて収録された。日本コロムビアのディレクターである宗清裕之は、「『SICKS』がなかったらただのポップなバンドとして消費されてたかもしれない。あの時期があったからこそ、THE YELLOW MONKEYは長く愛されるバンドになったんだと思う」と語っている。また、「当初はダークな雰囲気、不健康な感じも含めて『今まで押さえつけられてたけど、俺たちの魅力はここなんだ』っていうか。しっぺ返しを食らった感じあった」とし、「このアルバムは売れないと思っていたが、実際に売れて驚いた」という旨を語っている。THE YELLOW MONKEYのカメラマンを務めた高橋栄樹は、「初期のダークな感じがスケールアップして戻ってきた、っていうイメージだったというか。本来はこういう人たちなんだなと思う」と語っている。
本作がリリースされる約1か月半前に、自身初の非公認ベストアルバム『TRIAD YEARS act I』がリリースされることが決定し、吉井は「ベストに負けないアルバムを作ろうという話を毎晩メンバーとしていた」と語っている。『SICKS』の売り上げはオリジナルアルバムでは自己最多を記録したものの、惜しくもミリオンには届かなかった。吉井は『JAM』『SPARK』などのヒット曲を含むベストアルバムがミリオンを達成したことを踏まえ、「ヒット曲が1曲しか入っていないアルバムは100万人買わないんだなということもよくわかった。『この次覚えてろよ』という気持ち」と語っている。ほか、後年のインタビューでは「『SICKS』の実際のセールスは妥当だったと思う。100万枚を目指していたが、近いところまで行ったし、凄い納得した1年だった」と振り返っている。同じくギターの菊地は「望んでいた枚数より下回ったが、大衆向けではないアルバムがこれだけ売れたことは自信になった」と語っている。

チャート最高順位
週間1位(SICKS・オリコン)
週間6位(COMPLETE SICKS・オリコン)
1997年度年間31位(SICKS・オリコン)

Producer:吉井和哉

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアルバム

注目の記事

API Calls