Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • リリース日

    1989

  • 再生時間

    13曲のトラック

1989年8月16日、Capitol Records/EMI Recordsよりリリースされた4thアルバム。
オーディションの結果、John FruscianteとChad Smithが加入。Stevie Wonderの「Higher Ground」やJimi Hendrixの「Fire」などをカバーしているが、ドラッグ中毒で死亡したHillel Slovakに贈られた「Knock Me Down」などの楽曲が揃う作品となった。 しかし、レコーディング中、マスタリングや楽曲の作風やアレンジなどをめぐって、しばしばMichael Beinhornと意見の食い違いが生じ、バンドのメンバーたちは何度も激しく言い争っていた。特にレコーディングの経験のないJohnとは、事ある毎に衝突を繰り返していた。Anthony Kiedisは自伝『Scar Tissue』の中で次のように証言している。
『それまでの作品のギターは普通とは違うアシッド・ロック的で、なまめかしくてセクシーなファンクのトーンをたっぷりと加えるのが基本だったのだが、MichaelはJohnにザクザクとしたメタル風のプレイを要求した。Johnはそういう感じにまるで興味がなかったから、トーンの重ね方を巡って、ふたりは相当激しくやり合った。Johnにはつらい時期だったと思う。』
最終的には『Higher Ground』のレコーディングの最中でAnthonyとMichael Beinhornとの間で激しい口論が起こったことがきっかけとなって、両者の仲が一気に冷え切り、絶交するに至った。AnthonyはBeinhornと絶交したときの状況を次のように振り返っている。
『やつはこっちの気持ちを無視して、おれの中から無理やり何かを絞り出そうとした。それで衝突し、おれはこいつとはもう終わりだな、と思ったのだ。』
両者がレコーディングで決裂した結果、完成できた新規の楽曲は、わずか11曲だったという。また、Beinhornとの決裂により、Capitol Recordsのプロモーション戦略に対する不満が爆発することになった。
全米最高52位、200万枚以上を売り上げている。

Recorded:November 1988 – March 1989 at Ocean Way Studios and Image Studios, Hollywood, California
Producer:Michael Beinhorn

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアルバム

注目の記事

API Calls