Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • リリース日

    2014年 11月 5日

  • 再生時間

    38曲のトラック

前作『JUSTICE』『GUILTY』以来1年10ヶ月振りの発売である。本作は2013年-2014年に発表されたシングル「DARK RIVER」「BLEEZE」「百花繚乱」「疾走れ!ミライ」を含む全11曲を収録。なお、前年発売の49thシングル「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」は未収録。

初めて亀田誠治をプロデュースに迎えたアルバムであり、最初に「DARK RIVER」を制作してみたところすごくウマが合い、本作の制作にも至ることになった。また、前作『JUSTICE』はセルフ・プロデュース作であったが、2作目、3作目も作るかと言ったらそうじゃないなと考え、誰かの手を借りてやりたいと思い、20周年に向けて佐久間正英以外の人でトライして見てもいいのではないかという気持ちのもと、亀田の名前が上がった。選曲に関しても、『JUSTICE』のような主観的な作品ではなく、もうちょっと客観的に見たGLAYを、逆にメンバーが聴いてみたいという要望を亀田に伝えてデモテープを50曲くらい渡して、亀田に選曲してもらったと語っている。

レコーディングのドラムには、永井利光の他にも、元BLANKEY JET CITY・現LOSALIOSの中村達也、元BOØWYの高橋まこと、元KENSOの村石雅行、ZAZEN BOYSの松下敦が参加している。そのため、当初アルバム・タイトルは、ローリング・ストーンズが1974年に行ったオーディション『グレイト・ギタリスト・ハント』にかけて、仮タイトル『グレート・ドラマー・ハント』と付けていたが、JIROが手がけたアルバム最終曲『MUSIC LIFE』ができあがった時、TAKUROがGLAYのアマチュア時代からの流れを振り返り、「MUSIC LIFEと付けたら、俺たちの歴史そのものだな」と思い、本タイトルに決定した。また、現在は廃刊となっている音楽雑誌『MUSIC LIFE』からも来ていると語っている。

1CD盤、2CD盤、2CD盤(G-DIRECT限定販売版)が発売され、2CD盤には、2014年7月31日から8月31日まで公式サイトで実施したファン投票を基に選曲されたバラードベスト『BALLADE BEST☆MELODIES』が、2CD盤(G-DIRECT限定販売版)にはGLAYのメンバーがセレクトしたバラードベスト『BALLADE BEST☆MEMORIES』が収録される。

発売日前日の4日には、EX THEATER ROPPONGIにて、メディア関係者の他、抽選で当選した約800名を無料招待し、本アルバムの先行試聴会を開催。メンバー全員も登壇し、作品に対する想いや、楽曲の聴き所などを解説。司会進行はダイノジが担当し、スペシャルゲストとして、プロデューサーの亀田も登場した。当日の模様は、ニコニコ生放送、USTREAM、YouTubeでも生中継された。

さらに、同日から約2週間に渡って、お笑いタレントの出川哲朗との異色コラボレーションとして、Vineに「GLAY×出川哲朗 ヤバい動画」を公開。この企画は、「百花繚乱」の"YAVAI"と言うフレーズと出川の口癖である"ヤバいよ!ヤバいよ!"という口文句と結びついたことにより決行されたもので、その「百花繚乱」のサビをバックサウンドに、様々なシチュエーションで出川がリアクション芸を披露すると言う内容。GLAY Official Vine、GLAY Official Twitter上で公開され、企画の最後にはリツイート&お気に入り登録数で「ベスト・オブ・ヤバい動画」も決定する。

ジャケットは、ビートルズの7thアルバム『リボルバー』のジャケットを手がけたクラウス・フォアマンが担当しており、イラストもそのアルバム『リボルバー』のジャケットを彷彿させた、GLAYのメンバー4名を描き下ろしたものとなっている。また、クラウスにとって、日本人アーティストへのジャケット描き下ろしは今回が初となる。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアルバム

注目の記事

API Calls