Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

2000年7月31日、ポニーキャニオンよりリリースしたライブ・ビデオ。
1999年7月31日に幕張メッセ駐車場・特設ステージにて行われた、国内単独ライブとしては最高の観客動員数20万人を記録した「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO '99 SURVIVAL」の模様を収録。当日、アンコールで演奏された「I'm yours」「BE WITH YOU」は収録されていない。
期間前後には、日本航空とのタイアップで、「GLAYジャンボ」が就航された。新聞・テレビ・ラジオを問わず多くのメディアが当日の模様を報じ、芸能関係を扱うスポーツ紙のみならず、一般紙の一面にも記事が掲載されるなど、社会現象になった。
パラボラアンテナを模した特設ステージは“音楽の発信基地”というコンセプトのもとに作られた。単独アーティストによる有料コンサートとしては世界最大級であり、その観客総動員数から“20万人ライヴ”と言う別称が付き、今ではこちらの呼び方が一般的になっている(ファンやメディアだけでなく、GLAYのメンバー自身もそう呼んでいる)。ライヴは最初の5曲(「HAPPY SWING」から「More than Love」まで)を会場中央に作られた小さな円形ステージで行い、「サバイバル」以降の曲はメインの前方ステージで演奏した。チケットが取れずに、会場近くの歩道橋から見る人も多く見受けられた。ライブ終了後、20万人全ての観客が退場したのは、日付が変わった深夜0:30だったという。
TAKUROは「『ウッドストックのようなイベントをやりたい』という夢が叶ったと言う感じ。ステージに立っている時は間違いなく歓喜だった。その一方、この後何をどうしたらいいんだろうと言う虚脱感が襲ってきて、一時GLAYをどうするかと言う迷いが出たのも事実。結果的にそれ以降のGLAYを作っていくきっかけになったイベント」と後に語っている。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls