Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

北欧系ポストロックに、Kyteが導入した英国ロック的なポップ・メロディー、Sigur Rosが最新作『残響』で見せたオーガニックな触感を経て、好評を博した前作『Gummi』(DDCN4006)の歌モノ路線をさらに推し進めた、6枚目のアルバム『Sanitas』において、Stafraenn Hakonが聴かせる、何ともドリーミーでロマンティックな歌心。ポストロック以降のアイスランド・サウンドを提示する決定的作品の登場です!!

国内盤化された前作『Gummi』(DDCN4006)のヒットで知られる、Olafur JosephssonによるStafraenn Hakon(スタフライン・ハウコン)。元々は、ポスト・シガー・ロスのアイスランディック・ポストロックとして認知されていたが、本作では前作からの歌モノ路線をさらに推し進め、エレクトロニカ的な要素からは離れ、単純な轟音ポストロックからも脱却した、新世代英国バンドであるKyteのメロディー志向やシガー・ロスが最新作『残響』で見せたオーガニックさと共鳴する音楽へと推移している。アイスランド出身のアーティストが持ち合わせる霞がかった神秘性から、よりストレートで体温の感じる歌へ。幼少期からの友人であるコラボレーター、Samuel White、共同プロデューサーでもあるDaniel Lovegroveをはじめ、素晴らしいヴォーカルを聴かせるMinco Eggersman、Magnus Freyrといったゲスト・ヴォーカル陣らからの変わらぬサポートを受け、アンサンブルはますます充実の一途を辿る。文句なしにStafraenn Hakonのキャリアにおいて、最高傑作!!

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls