Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • リリース日

    1991年 9月 24日

  • 再生時間

    17曲のトラック

1991年9月23日、Warner Bros. Recordsよりリリースされた5thアルバム。
新たにWarner Bros. Recordsと契約、プロデューサーにRick Rubin、ブックレットと「Under The Bridge」のビデオの制作にはGus Van Santを迎える。チーフ・エンジニア、キーボード・プレイヤーにBrendan O'Brienが参加し、ミキシングはRick RubinとBrendan O'Brienによって行われている。
メンバー全員が洋館に泊り込んで製作された。この様子は収録曲「Suck My Kiss」のプロモーションや、映像作品「Funky Monks」で見ることができる。同作に収録された曲のほとんどはその洋館での作業で作曲され、すべての曲がそこで録音された。メンバーは半年以下の作業の中で未収録曲・B面を含めて30曲近くを作曲・録音し、同作はメジャーのロックバンドのレコーディングとしては稀に見る早いペースで制作された。制作前に掲げられたサウンドにおける目標は「1970年代のローファイな黄金期ハードロックとファンクとの折衷作品」であった。
メンバー四人やRick Rubinによって議論されながら制作は進み、曲のアイデアはKiedisの詞、Flea&Fruscianteのリフ、Smithのドラムパターンそれぞれを基調に、定期的にメンバー間のジャムを交えながら作曲された。Rick RubinはFleaのベースプレイに対し、休符を生かすような重みのあるファンキーなプレイを要求し、Fruscianteに対しては前作とは違った、自分の個性を前面に出したギタープレイを要求した(「Funky Monks」にもそれらの場面が見られる)。
Kiedisの歌詞は、Rolling Stone誌のレビューでは「以前のまでの危うい性的倒錯やユーモア(性を謳歌するSir Psycho Sexy、同性愛を歌うMy Lovely Man、生命賛歌Naked in the Rain~etc)はそのままに、よりアナーキー性や論旨性の高いシリアスなもの(平等の力をくれと迫るPower Of Equality、強欲を張る者に楯突くGive It Away~etc)となった」と評されている。

ちなみに、この時期に制作された未収録曲はその後『Californication』までのB面で使われた曲も多い。
アルバムはBillboard 200で全米3位で初登場、結果的にはアメリカだけで700万枚、世界で1,300万枚以上のセールスを記録する。シングルカットされた「Give It Away」がグラミー賞を獲得、また「Under The Bridge」がシングルで初の全米1位を獲得した。AllmusicのSteve Hueyは、「チリ・ペッパーズにとって今までで最高の作品になるだろう(probably the best album the Chili Peppers will ever make)」という賛辞で当時のレビューを締めくくっている。「Bassist magazine(U.K)が選んだGREATEST BASS ALBUMSトップ100」で1位を獲得した。

Recorded:May–June 1991 at The Mansion in Los Angeles, California
Producer:Rick Rubin

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアルバム

注目の記事

API Calls