Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

イギリス、Crouch End, Haringey, London, England (2005 ~現在)

Bombay Bicycle Club と名乗る4人は北ロンドン出身の学生時代の友人同士である。

時代にとらわれない英国製のデビュー作品は若々しい刺激、誠実さとロマンスであふれている。内気な作り手たち同様「I Had The Blues But I Shook Them Loose」には大声や叫び声、聞かせようとする大騒ぎの必要性を感じない。逆に寒い日に頬がぽっと赤く染まるようにコードの調和とささやくようなメロディで見事に輝いている。

'I Had The Blues But I Shook Them Loose'は目がくらむようなMBV/M83の急襲と翌朝を後悔するような幕開けの、意欲的でオープニングから、アパラチアン・フォーク風のアルバム最終曲まで、絶妙な創意と静かで深い感情が取り入れられている。ブロック・パーティーやブロークン・ソーシャル・シーンやボン・アイヴァーのファン、またはマイルドで繊細なソウルがギター・コードに反映されるものが好きなファンであれば確実に嬉しくなる内容だ。インディーズ・ロックがその純粋さを享受することは極めて少ないのが最近の事情だ。だからBombay Bicycle Clubはそれがいかに貴重なことなのかしっかりと理解している。

Bombay Bicycle Clubはジェイミーとジャックにより結成された。彼らは18才以上限定のギグにこっそりと忍び込んでいた10代前半の頃から共に過ごしてきている。最初ジャックはギターを弾いていたジェイミーの父親、ニール・マッコール(イギリス・フォーク界の偉人 イワン・マッコールの息子、クリスティー・マッコールの兄弟)に生計を立てるには音楽をやめて配管工になるべきだと諭されている。しかしニールはジャックがガレージバンド・メンバーと共に安いギターで演奏した数多くの驚くようなサウンドを聞いて、すぐに考えを変えたのだ。そしてBombay Bicycle Clubのために最初のデモを作ろうとオファーした。

この頃の初期のサウンドが2006年度のV Festival Road To V competitionでバンドの優勝に大きく貢献し、チャンネル4のステージでの1コマを獲得させたのだ。この小さいが、予想していなかった勝利にバンドは大変喜びをもたらした。そしていくつかのライバル・バンドをイラつかせるのも初めてのことではないが、彼らはBombay Bicycle Clubの若々しい素直さに一歩譲った形になったのだ。

Bombay… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls