Playing via Spotify Playing via YouTube
Skip to YouTube video

Loading player…

Scrobble from Spotify?

Connect your Spotify account to your Last.fm account and scrobble everything you listen to, from any Spotify app on any device or platform.

Connect to Spotify

Dismiss

A new version of Last.fm is available, to keep everything running smoothly, please reload the site.

時速40000kmの孤独 - Lyrics

とびきり古い記憶は
雨の中で見た紫陽花
あんまりきれいだからさ
思わず笑みが溢れた
純真が唯一の取り柄だった
影が差したのはいつだ
寂しさにうずくまった
夜ばかり覚えている

独りがふたりでつまり独り
たとえ100あれど同じことだ
長らく居場所を作れないまま
「あいつは異常」と指を差されたことが僕を異常にして
14歳の冬に全部敵に回し

まるで小さな隕石みたいだと思った
産み落とされたら落ちるだけだ そこに期待も何もないや
時速40000kmほどの孤独が
誰にも知られずに泣いていた
そんなよくある話だ
聞いてくれ

突然の出来事だった
置き手紙もなしにバイバイ
空っぽになった部屋で
毎日歌い続けた
あの人は今も心の中
それは揺るがぬ真実だ
だけど時々願うんだ
「形あるものをください」と

拍手の数だけ偉くなれる?
どこまでいったら独りじゃない?
18歳の秋に捕まえた夢
僕のためにあった声も歌も
あなたへの処方箋に変わり
傷や痛みを癒してくれたという

こんな僕にも輝く瞬間があった
大気圏で燃えて千々になったって
絶望は一層強く光って…
時速40000kmほどの孤独が
あなたの一言で報われた
そんなよくある話だ
聞いてくれ

雨は上がって
季節は巡って
いずれ本心も移り変わることに気付く
ああ これを孤独と呼ぶには
いささか心地好すぎるような

まるで小さな隕石みたいだと思った
産み落とされたら落ちるだけだ そこに期待もなかったのに
時速40000kmほどの孤独を
新たな感情が追い越した
そんなどこにでもある
ひどくありふれている
僕らが起こした奇跡だ
聞いてくれ

Don't want to see ads? Subscribe now

API Calls