Playing via Spotify Playing via YouTube
Skip to YouTube video

Loading player…

Scrobble from Spotify?

Connect your Spotify account to your Last.fm account and scrobble everything you listen to, from any Spotify app on any device or platform.

Connect to Spotify

Dismiss

A new version of Last.fm is available, to keep everything running smoothly, please reload the site.

となりの柳橋 - Lyrics

となりの柳橋が言いました

「伊藤くんに言いたいんです。

スカートの中をのぞかないでください。」
となりの柳橋が言いました

「ブルマはいてるからいいけど、

掃除の時間にのぞかないでください。」

そんな帰りの会で言われても
僕はゴメンとしか言いようない

みんなの僕に対する視線が
だんだんと冷たくなってく

みんな突然しーんとなって
おもしろ半分に次に
声をそろえて柳橋に言ったことは

「もうー回言ってください! 」
「もうー回言ってください! 」

登校拒否でもしちゃおうかな

伊藤の母親が言いました

「コタツで寝ている多賀之よ。
おまえは私の生きがいだよ。」

伊藤の母親が言いました

「コタツで寝てると風邪ひくよ。
おまえもついに来年中学だね。」

その時僕の前髪を撫でて
遊びで入れてた剃りこみ見られて
母は驚き 僕を叩き起こし
「おまえいつから不良になったんだ? 」
台所の包丁使って僕のおにゅうのGジャンを
八つ裂きに ボロボロに 切り裂かれた

「覚えてなさい! 多賀之!

不良になったらいっでも
包丁で殺してやるからね

長田先生が言いました

「お前に大学は無理だな。
その成績じゃ卒業もあやしいぞ。」

長田先生が言いました

「慶応大学に行きたいなら、
1日50時間は勉強しろ。」

意地で受かって見返してやるぜ
偏差値30から慶応ヘ
僕が行ったらどうするつもりだ

両目の目やに取ってよ先生

毎日同じジャンパー着て偉そうなことを言うなよ
アパート暮らしでラーメンばっかり食ってて寂しくないですか?

結局大学落ちて予備校紹介された僕
全て伊藤の実話でした

Don't want to see ads? Subscribe now

API Calls