Playing via Spotify Playing via YouTube
Skip to YouTube video

Loading player…

Scrobble from Spotify?

Connect your Spotify account to your Last.fm account and scrobble everything you listen to, from any Spotify app on any device or platform.

Connect to Spotify

Dismiss

A new version of Last.fm is available, to keep everything running smoothly, please reload the site.

傑作のジョーク - Lyrics

顔半分眼球の役人が云う「あんたの存在を証明しろ」と
十八番の皮肉を吐けば、いたくお気に召し、豚小屋で一晩泊めてくれたのさ
あいつは気儘なキリギリス、毎晩この場所で歌っていたが
転がった昼食を追いかけたまま、あいつは二度と此処へ戻らなかった
ぐるぐる回転木馬が廻っている
酔っ払いや、くたびれたあいつを乗せて
それに向かい笑顔で手を振っている自分は赤の他人みたいで、なんとなく寂しい
あの娘は花のようなお姫さま、でも拾われた娘だって町中の噂
それを僕に打ち明けてくれた夜、知らなかったふりをしたら絶交されちゃった
ぐるぐる回転木馬が廻っている
ロクデナシや傷付いたあの娘を乗せて
今更もうその行列に並べない僕は老いて枯れたようで、たまらなく侘しい
最後に傑作のジョークをひとつ
人生に行き詰まったある男が、精神科に救済を求めて云う
「何をしても笑えやしないのです」
「忙しない暮らしに疲れたんだね。評判の道化師を観に行くといい」
先生、お気遣いありがとう
でも、その道化師の正体は僕なんです
ぐるぐる回転木馬が廻っている
偏見や不条理や忍耐を乗せて
絵空事みたいに歌える自分は何だろう
そのチケットを捨てる度胸もないくせに
嗚呼、回転木馬が廻っている
ありがとうもさよならも届かない場所で
衣食住性眠喜怒哀楽のキラキラが「ここにいるよ」の合図みたいに見えた

Don't want to see ads? Subscribe now

API Calls