Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

ウィズイン・テンプテーション (Within Temptation)は、オランダのシンフォニックメタル・ゴシックメタルバンド。

1996年に結成され、ヨーロッパを中心にシンフォニック・ゴシックメタルの中心的存在となっている。1996年当時、THE CIRCLE(後にVOYAGEに改名)のギター&ボーカルのロバート・ウェスターホルト (Robert Westerholt) とVOYAGEにゲスト参加経験のあるシャロン・デン・アデル (Sharon den Adel) が中心になって結成された。結成当時は5人組。途中加入のメンバーを除けば昔からの親友同士。
翌1997年初めて製作したデモテープと同タイトルの『エンター Enter』(1997年)で彼らの地元であるオランダのDSFAレコードからデビュー。欧州ツアーを行い人気と知名を上げ1997年・1998年とダイナモ・フェスに連続出場。
翌1998年にEP『THE DANCE』をリリース。1999年大学卒業のため活動をトーンダウンさせ卒業後、好きな音楽ができなくなることを恐れ就職する。
当時ファッションマネジメントを専攻していたシャロンはファッション会社のメンズ担当として商品管理をやっていた。ロバートはインターネット会社で経理や雇用を担当していた。しかしバンドの人気が出すぎてしまい、早々に退職。
翌2000年12月にセカンドアルバム『Mother Earth』(2000年)を発表。GUNレコードが制作し、オランダ国外での配給はロードランナー・レコードが担当した。母国オランダのアルバムチャートで3ヶ月以上ランクイン、オランダとドイツ、ベルギーでプラチナム・ディスクを獲得。
2004年11月にサードアルバム『ザ・サイレント・フォース The Silent Force』(2004年)をリリースする。シングルカットされたStand My Ground(2004年)のヒットとともに前作以上にブレイクし、アルバムはオランダでチャート1位を獲得。再びプラチナム・ディスクを獲得するとともに7か国でゴールドディスク認定されるなど欧州の権威ある音楽賞各賞を受賞し、これを機に英国、豪州、日本でもリリースされるようになる。結果、DUTCH MUSIC AWARD(オランダの音楽輸出に多大なる功績を残したことを讃える賞)を受賞する。
デビューアルバム『エンター Enter』(1997年)は日本盤が発売されたものの、ゴシック・メタルに対する市場のなかった日本ではその後の作品が発売されることはなかった。その後このジャンルにも光が当たるようになり、アルバム第3作目『ザ・サイレント・フォース The Silent Force』(2004年)より再び日本盤が発売された。
2011年の『The Unforgiving』では長年籍を置いたGUNからコロムビア・レコードに移籍、ブラッドレインやDARK 48などを手がけたスティーヴン・オコーネルが原作、ウィッチブレイドやX-メンなどを手がけるロマノ・モレナーが作画を担当した同タイトルのアメリカン・コミックスとタイアップし、連動する物語を描いたバンド初の「コンセプトアルバム」として発売された。
2014年の『Hydra』では同社の再編によりSony Music所属となり、各国での配給もロードランナーを離れてソニーグループの各社が担当した。同作では長年女性ヴォーカルゴシックメタルのライバルと評されてきた元ナイトウィッシュのターヤ・トゥルネンや元キルスウィッチ・エンゲイジのハワード・ジョーンズなど多彩なゲストを迎えた。また、前作制作直後に加入したステファン・ヘレブラットを含む初の3ギター編成でのアルバムである。

メンバー

シャロン・デン・アデル Sharon den Adel - ボーカル
ロバート・ウェスターホルト Robert Westerholt - ギター(※2011年以降は製作とスタジオ録音に専念)
マーティン・スピーレンブルグ Martijn Spierenburg - キーボード
イェローン・フォン・フェーン Jeroen van Veen - ベース
ルード・ヨリー Ruud Jolie - ギター
マイク・コーレン Mike Coolen - ドラムス
ステファン・ヘレブラット Stefan Helleblad - リズムギター

旧メンバー
イヴァル・デ・グラーフ - ドラムス (1996 - 1998、1999 - 2001)
マタイン・ウェスターホルト- キーボード (1996 - 2001)
ミカエル・パッペンホーブ - ギター (1996 - 2001)
ジェリー・ベーカー - ギター (2001)
シロ・パルマ - ドラムス (1998 - 1999)
マリウス・ファン・ピレーン - ドラムス(1998)
デニーズ・リーフラング - ドラムス (1996)
リチャード・ウィルエムス - ドラムス (1996)
ステファン・ファン・ハストレット Stephen van Haestregt - ドラムス(1999-2010)

ディスコグラフィ

シングル
Restless (1997年)
Our Farewell (2000年)
Ice Queen (2001年)
Mother Earth (2003年)
Running Up That Hill (2003年)
Stand My Ground (2004年)
Memories (2005年)
Angels (2005年)
What Have You Done (2007年)
Frozen (2007年)
The Howling (2007年)
All I Need (2007年)
Forgiven (2008年)
Utopia(feat. クリス・ジョーンズ) (2009年)
Faster (2011年)
Sinéad (2011年)
Shot in the Dark (2011年)
Paradise (What About Us?)(feat. ターヤ・トゥルネン) (2013年)
"Dangerous(feat. ハワード・ジョーンズ) (2013年)
Whole World Is Watching(feat. デイヴ・パーナー) (2014年)
And We Run(feat. イグジビット) (2014年)

アルバム
Enter (1997年)
Mother Earth (2000年)
The Silent Force (2004年)
The Heart Of Everything (2007年)
Black Symphony (Live) (2008年)
An Acoustic Night at the Theatre (Live) (2009年)
The Unforgiving (2011年4月6日)
Hydra (2014年)
Let Us Burn – Elements & Hydra Live in Concert (Live) (2014年)

EP
The Dance (1998年)

ビデオ
Mother Earth Tour (2003年)
The Silent Force Tour (2005年)

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

外部リンク

API Calls