Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

(1975 ~ 1990)

BOWWOW(バウワウ)は、日本のハードロックバンド。又、英語表記での犬の鳴き声。以下解説はバンドに関する事項とする。

1976年にBOW WOW(バウワウ)の名前でデビュー。山本恭司の脅威の速弾きがギターキッズの間で評判を呼んだ。1983年のメンバー脱退によりBOW WOWとしての活動を停止、新たにメンバーを加え、1984年にバンド名をVOW WOW(ヴァウワウ)に変えて再デビュー、1990年に解散した。1998年からBOW WOWとして再結成、現在はBOWWOWと名乗って活動している。

1975年に芸能プロダクション小沢音楽事務所系列のアルト企画のプロデューサー上野義美が自身の売れるロック・バンド構想に合うメンバーを集めて作ったロック・バンドである。最初にアイドル・バンド、ドゥー・T・ドールのメンバーだった斎藤光浩と新美俊宏が選ばれた。上野の構想は斎藤をリード・ヴォーカルに据えたBCR系のアイドル・ロック・バンドだったが、リード・ギタリストに実力者を1人だけ入れてバンドの支柱とするアイデアもあった。その役割を担うべく選ばれたのが島根出身で当時プロギタリストを目指して東京の音楽専門学校に通っていた山本恭司である。山本という逸材の参加で上野が期待した以上に本格派志向が強まった。そして未定だったベーシストも山本の同郷の佐野賢二が選ばれた。

バンドの基礎固めのため、山本が鬼教官となって長期合宿による猛練習が敢行された。そこで慣れ合うことなく培われたコンビネーションの良さは、このバンドの最大の財産である。特に山本と斎藤のツインギターの絶妙のタイム感は長い空白期間後の再結成時にも失われておらず、本人達が誰よりも驚く事となった。

デビュー準備期間中、上野のアイドル構想を雛型としながらもバンドの可能性を探る試行錯誤が繰り返された。英詞曲の採用や山本のヴォーカル担当といった当初の予定になかった選択もなされた。当初は専任ヴォーカリストも探していたが適任が見つからず、それまでヴォーカルの経験のない山本が、曲によって斎藤とヴォーカルを分けるという形になった。そして次第に若手天才ギタリストが率いる本格派ハードロックバンドとして売り出す機軸が出来ていき、その方向性が明確になった時に上野が協力を依頼したのが、当時、若手音楽評論家として洋楽ロックファンに高い知名度があった渋谷陽一である。

渋谷は自身がDJを務めていたNHK-FMの洋楽ロック専門番組ヤング・ジョッキーでレコードデビュー前のBOW WOWを紹介した。かけたのは英詞曲の「Heart's On Fire」で、かけ終わるまで日本のバンドと明かさなかった。全国のロックファンに初めて聴いてもらったことを理由に、山本はこの曲をデビュー曲として紹介するのが通例だが、デビューシングルは「ボリューム・オン」である。

BOW WOWは山本が指導力を強力に発揮して磨き上げたバンドではあるが、山本が中心になって結成したバンドでもなければ、山本のためにメンバーが集められたり再編成されたバンドでもない。イニシアチブが所属音楽事務所にあるのは当然との認識を持ちつつ各メンバーがベストを尽くし続けていたというのが第1期の実態である。山本は当時を振り返るときには「事務所に洗脳されていた」と笑いながら語る。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls