Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1975年 2月 6日 (44 歳)

  • 出身地

    Kyoto, Kyoto, 日本

川瀬智子(かわせ ともこ、1975年2月6日 - )は、日本の歌手。

京都府長岡京市出身。血液型はB型。
愛称はTommy(トミー)。the brilliant greenのボーカリスト。
2007年にバンド結成10周年を迎え、活動を再開している。「Tommy february6」「Tommy heavenly6」の二つのキャラクターのソロ活動も継続して行っている。
京都明徳高等学校卒業。

1997年
9月21日、the brilliant greenのボーカルとして、シングル「Bye Bye Mr. Mug」でメジャーデビュー。2001年1月までにこの曲を含む11作のシングルと3作のアルバムを発売。

2001年
the brilliant greenを休止、ソロ活動を開始する。
7月25日、眼鏡をかけたポップなイメージのTommy february6(トミー・フェブラリー)が「EVERYDAY AT THE BUS STOP」でデビュー。
11月21日、Tommy february6名義の2ndシングル「♥KISS♥ ONE MORE TIME」発売。

2002年
1月17日、Tommy february6名義の3rdシングル「Bloomin'!」発売。
自身の誕生日でもあり、プロジェクト名の由来でもある2月6日に1stアルバム『Tommy february6』をリリース。オリコンアルバムチャート初登場1位で2週連続1位を獲得。
ソロ活動を3月いっぱいで一旦封印。
4月からthe brilliant greenの活動を再開させ、12月までにシングル3作とアルバム1作を発売。
「ピロッポ」(フジテレビ)に声優として出演。

2003年
Tommy february6の第二章スタート。
サンリオのキャラクター「リトルツインスターズ」とのコラボレーションを発表。
2月6日に4thシングル「Je t'aime★je t'aime」発売。
3月31日より、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」にて川瀬作曲の新しいジングルがスタート(2007年3月まで使用された)。
Tommy heavenly6(トミー・ヘヴンリー)がTommy february6のダークサイドとしてデビュー。
5月に東京都内で行われたTommy february6のシークレットライブにて突如として現れ、デビューシングル「Wait till I can dream」から2曲を披露。
7月16日、「Wait till I can dream」とTommy february6名義の5thシングル「Love is forever」を同時発売。
『Tommy february6プロデュースプロジェクト』がスタート。Tommy☆angelsSPEED樋井明日香藤井隆へ楽曲提供及びプロデュースをしている。

2004年
Tommy february6で2月11日に6thシングル「MaGic in youR Eyes」、3月17日に2ndアルバム『Tommy airline』、7月14日に7thシングル「L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜」を発売。
Tommy heavenly6で5月26日に2ndシングル「Hey my friend」を発売。

2005年
Tommy heavenly6で7月20日に3rdシングル「Ready?」、8月24日に1stアルバム『Tommy heavenly6』を発売。
Tommy february6で11月30日に8thシングル「♥Lonely in Gorgeous♥」を発売。
ブライスとのコラボレーションを発表。限定ドールを発売。

2006年
Tommy heavenly6で6月7日に4thシングル「I'm Gonna SCREAM+」、7月5日に5thシングル「Pray」、10月11日に6thシングル「Lollipop Candy ♥BAD♥ girl」、12月6日に7thシングル「I♥Xmas」を発売。
「I'm Gonna SCREAM+」のミュージック・ビデオ(PV)で、“たらこキユーピー”と共演。
「Lollipop Candy ♥BAD♥ girl」のPVを自ら監督。Tommy heavenly6とTommy february6が「Wait till I can dream」のPV以来の久々の共演を果たしている。

2007年
Tommy heavenly6で2月7日に8thシングル「Heavy Starry Chain」を、3月7日に2ndアルバム『Heavy Starry Heavenly』を発売。

名前の由来

愛称の「Tommy」の由来
the brilliant greenのリーダー奥田俊作が川瀬のために書いた曲のデモテープを彼女の家のポストに入れる際、『智子さんへ』と書くのもなんだし…と悩み、なんとなく『トミーへ』と書いたことから。
当初本人は嫌がっていたが、松井亮と奥田がしつこく呼び続けた結果、『トミー』で定着。
なおTommyは本来英語で男性名(Thomasの愛称)だが、女性名(Thomasの女性形であるThomasinaの愛称)として使われることも稀にある。

february6の由来
誕生日が2月6日生まれ(2月=February、6日=6)で誕生日を名前にしたら飽きないだろうと思い使用。
なおサフィックス(接尾辞)の「6」は読まないが、本人曰く“読んでも読まなくてもどちらでも構わない”とのこと。

Tommy february6とTommy heavenly6
Tommy february6Tommy heavenly6は、川瀬智子自身のソロプロジェクトでの活動形態だが、キャラクター設定がある。

「Tommy february6」は、ブライトサイドの人格だが、川瀬智子自身の自己矛盾や、投げやりで適当な性格を表現した別人格。
「Tommy heavenly6」は、Tommy february6の悪しき別人格(ダーク・サイド)という設定で、Tommy february6として感じたストレスや嫉妬心などの負の感情を具現化したのがTommy heavenly6である。
この2つの人格を川瀬智子自身がプロデュースをする設定だが、2人は自分達が同じ「川瀬智子」という同一人物とは気付いていない。

february6自身は、heavenly6の存在を知らない。
一方、heavenly6自身は、february6の睡眠中や酔った時に覚醒し好き勝手に活動している(この事はfebruary6は当然知らなく知らぬ間にケガしたり物が紛失したりして困惑している)。

最近のfebruary6は、heavenly6の存在を知っているが、対立している。
理由は、heavenly6はfebruary6と仲良くしたいが、恥ずかしくて意地悪してしまい、february6を怒らせてしまうため。
「2人」の共演作「Lollipop Candy ♥BAD♥ girl」のPVでは、2番のAメロのシーンで、february6とheavenly6が争っているシーンがある一方、「I♥Xmas」のPVでも共演しているが、こちらは仲良くサンタと戯れているので、徐々に其の仲は深まってきている様子。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

Features

API Calls