YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

supercell(スーパーセル)は、ミュージシャンryoを中心とするクリエイター集団である。 音声合成ソフト初音ミクを用いた楽曲及びそのPVなどの関連作品を発表している。 同名のバンドとは無関係。

2007年12月7日、ryoが、動画共有サイト「ニコニコ動画」に「初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「メルト」」を投稿する。この動画は400万回以上再生される大ヒット作となったが、ryoは動画内で119(ひけし)が描いたイラストを無断で使用していた。 それを動画の視聴者から指摘されたryoは、119に謝罪のメールを送ったが、そこで「メルト」を気に入った119と意気投合し、共に活動を始める。これがsupercell結成の発端である。 それをきっかけに、119と親交のあるイラストレーターが続々とsupercellに加入し、メジャーデビュー時点で総勢11人のグループとなっている。 「ニコニコ動画」に楽曲を投稿したのは、「ryoがニコニコ動画が好きだったから」「レスポンスが期待できるから」という単純な理由からきており、ボーカルに「初音ミク」を使用しているのも、「当初知り合いに歌い手がいなかったから」「ニコニコ動画で初音ミクが流行っていたから」「『初音ミク』に詳しい友達に薦められたから」というだけで、ryoは「別に初音ミクを使う事ありきではない」と語っている。また、メンバーの殆どは、「メルト」がブレイクするまで「初音ミク」の存在を知らなかったという。

その後も、2008年2月22日に、「初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「恋は戦争」」、5月31日に、「初音ミク が オリジナル曲を歌ってくれたよ「ワールドイズマイン」」、6月13日に、「初音ミクがオリジナルを歌ってくれたよ「ブラック★ロックシューター」」が「ニコニコ動画」に投稿され、いずれも再生数が100万回を超えるヒットを記録。中でも、「ワールドイズマイン」「ブラック★ロックシューター」は「ニコニコ動画」の「デイリー 総合… もっと読む

人気トラック

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

トップリスナー

こんなアイテムが聴かれています

API Calls