Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

Paris, Île-de-France, フランス (1908 – 1997)

Stéphane Grappelli(1908年1月26日 - 1997年12月1日)は、フランス生没のジャズ・ヴァイオリニスト。ジャズ・ギタリストのジャンゴ・ラインハルトの相方としても知られ、彼と共に「フランス・ホット・クラブ五重奏団 (the Quintette du Hot Club de France)」を結成し、第二次世界大戦前から晩年まで精力的な演奏活動を続けた。ジャズ・ヴァイオリニストの第一人者として、長年に渡って晩年まで第一線で活躍した。 彼は晩年、ジャズ以外の分野の演奏家とも共演し、特にクラシック分野ではユーディ・メニューインやヨー・ヨー・マらとの共演が有名であり、いずれも高い評価を受けている。メニューインとは英国BBCテレビでの共演をきっかけに、数枚のアルバムを録音した。 また、映画音楽も手がけ、1973年のフランス映画「バルスーズ(原題 "Les Valseuses")」や、1989年のフランス映画「五月のミル(原題 "Milou En Mai")」の音楽を担当した。 意外なコラボレーションとしてはピンクフロイドとの共演が挙げられる。彼らの楽曲「Wish You Were Here」のフェードアウト部分には、ほとんど聴こえないものの、グラッペリのヴァイオリン・ソロが使われているという。これは両者がたまたま隣同士のスタジオで作業していたために実現したもので、後にピンクフロイドの伝記Pigs Might Fly: The Inside Story of Pink Floydで明かされた。 多数の録音と共に、いくつかの映像が発売されている。また、彼の人生をドキュメンタリーにまとめた「Life In The Jazz Century」がDVDとして発売されている。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls