Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 活動期間

    1993 ~ 2002 (9 年間)

  • メンバー

1991年に東京で結成されたロックバンド。
母体となるバンドは栄喜とNATINによって1991年に結成、1993年デモテープの発売と同時にバンド名をSIAM SHADEに改名。バンド名は「密接した陰」という意味の英語に由来する。1994年10月に1st Single「RAIN」でメジャーデビュー、1997年の6th Single「1/3の純情な感情」がオリコン最高3位で長期間上位にランクイン、累計80万枚を超える大ヒットとなり、一躍知名度を上げる。ライブ活動も積極的で、日本武道館をはじめ、国立代々木第一体育館、横浜アリーナ等数々の大規模公園を成功させている。
音楽的特徴としては、歌パートは栄喜とKAZUMAのツイン・ボーカルであること、Dream Theater、Rushからの影響で楽曲に変拍子を多用する等のプログレッシヴな方向性であることなどが挙げられる。作詞・作曲・編曲は全てSIAM SHADE名義だが、作詞は主にボーカル2人のどちらかが担当し、楽曲はそれぞれ個々(メンバー全員作曲可能)で制作されたデモ音源にメンバーでアレンジを創り上げていくという手法である。
2002年にバンドは解散。解散の理由は詳しく明かされてはいないが、山本恭司との対談でDAITAは、
『ま、どこのバンドにもよくあることです。5人も個性の強いメンバーがいれば、機嫌のいいヤツも悪いヤツもいるという。自分たちの中では「来るべき時が来たな」って感じだったんです。少し具体的な話をすると、これからどこに向かっていこうかっていう「ハードル」を設定する高さが、バラバラになっちゃった。海外でこんな活動したいってヤツもいれば、今まで通り国内で頑張ろうってヤツもいる。どっちが正しいとか悪いじゃなくて、飛びたい高さが5人5様になってしまうと、もう一緒には飛べないねって』と答えている。

2007年11月、彼らの元チーフマネージャーである中村新一が逝去した為、追悼の意味を込めて一夜限りの武道館LIVEを決行。約1万3500人を動員。以後、再結成を幾度となく行いライブ活動を行ったが、新曲のリリースは2013年に「Still We Go」1曲をリリースしたのみに留まり、2016年10月20日に『20th Anniversary year 2015-2016 最終公演《FINAL ROAD LAST SANCTUARY》』を聖地・武道館にて開催。この公演をもって、SIAM SHADEとしての活動を完結した。
栄喜「また勝手にやるかもしれません、それがSIAM SHADEだオラ!!!」

メンバー (リーダーはNATIN)
栄喜(今村栄喜) - Vocal (CHACK、HIDEKIから改名)
KAZUMA(遠藤一馬) - Vocal & Guitar
DAITA(伊藤大太) - Guitar
NATIN(中川泰) - Bass (解散後はNATCHIN)
淳士(佐久間淳二) - Drums

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

外部リンク

API Calls