YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

1948 年3月2日 ,アイルランド出身。   テイストを経てソロキャリアに入る。 正式な音源自体は70年初期以降が多いが、 60年後期から名を馳せていた。   特にこの時期の他のイギリス系アーティストのアルバムは商業的理由からか、 音が引っこんだ印象が拭えず、 ライブアルバムでその真価を問われるのだが、 この人の場合はそのまんま状態であり、 後に多数名盤を輩出する事となるライブ盤では無骨ですらある。   要はプロダクション的バックアップが無かった為で、 イコール、商業的な名声とは程遠く (但し、ミージシャン'Sミージシャンとしての名声は十二分にあるが、収入面に関しては?である)、 肝臓系の病気で、はや47歳にして土に返る。   この人の場合、例のストラトをメインで使用するのだが、 アンプの構成が私には興味深く聞こえる。 ソロになってからは、あきらかに、現場で入手できるフェンダーを使用して録音している模様で、 72年以降はいわゆる銀パネ使用の腰の無くキンキンした弾きずらい音で、引き倒す。   恐らく、同時期に活躍したギタリストは皆、彼の右手に脅威を感じたに違いない。 70年前後のテイスト時代にはスタックタイプで他の誰とも違う、 ブルースロックを体現し、才能に対する恐怖のどん底にさせたに違いない。 ギネスビールの味が分かるあなたに是非聞いてもらいたいですな

人気トラック

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

トップリスナー

こんなアイテムが聴かれています

API Calls