Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

(2000 ~現在)

2000年、カリフォルニアのチュラビスタで結成。 ソロアルバム「Ring Of Fire」に手応えを感じたマーク・ボールズ(ex-YNGWIE MALMSTEEN)が、アルバムに参加していたヴィタリ・クープリ(Artension)と意気投合、ドラマーにはヴァージル・ドナティー(PLANET X)、ベースにはヴァージルの友人であるフィリップ・バイノを、ギターにはシュラプネル出身のジョージ・ベラスを迎えて立ち上げた。 アルバム「The Oracle」発表後には来日公演も敢行。その際には名手トニー・マカパインがギタリストとして参加し、ギターのテクニックに加えフィリップと共にハイトーンのコーラスも披露した。 ヴィタリが、地面に座りキーボードに背中を向けた状態で演奏してみたり、ヴァージルがスティックを空中に放り上げたり、更にはマーク・ボールズがマエストロ・アレックス・グレゴリーと収録した名曲「Fairy tales Won't Die」を披露。マエストロのギターソロという難点を抱えていたこの曲を、ヴィタリのキーボードをバックに歌い上げる形でリアレンジし、ファン達を唸らせた。 この来日ツアーは、東京公演がDVDとして発売されている。

その後、2ndアルバム「Dreamtower」ではトニー・マカパインを正式メンバーとして迎えるものの、今度はヴィタリが脱退。3rdアルバム「Lapse of Reality」発表後バンドは活動を停止、マーク・トニー・ヴァージルの三名はSeven the Hardwayを結成した。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls