Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

アメリカ合衆国、Reading, Berks County, Pennsylvania (1970 ~現在)

リッチー・コッツェン(Richie Kotzen、1970年2月3日 - )はアメリカのギタリスト、ボーカリスト、ミュージシャン、作曲家。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。

* 1970年2月3日にアメリカのペンシルベニア州のレディングで生まれる。5歳の頃よりピアノを弾き始め、7歳のときにKISSのジーン・シモンズに刺激されてギターを弾き始める。 * 17歳のときに既に他のアーティストのオープニングアクトのギタリストとして全米を周り、500を超える数のライブをこなしていたという。 * 1989年に当時19歳だったリッチーはシュラプネル・レコーズから「Richie Kotzen」でデビューを果たす。同レコードは当時テクニカルな若手のギタリストを探し出してデビューさせており、その過程でリッチーに白羽の矢が立ったと言える。 * 1992年に、薬物中毒の問題等でバンドを脱退したギタリストのC.C.デヴィルの穴を埋める形でポイズンに加入。アルバム「Native Tounge」を1993年にリリースした後、バンドメンバーとの不和によりバンドを脱退する。 * ポイズン脱退後はしばらくソロ活動を続けていたリッチーだったが、1999年にスタンリー・クラークからの「歴史に残るようなフュージョンのアルバムを作りたい」との誘いにより、「Vertu」に参加し、同年にアルバム「Vertu」をリリースする。また同じく1999年にはギタリストのポール・ギルバートが脱退したMr.Bigから加入の要請を受け、バンドに参加する。 * 2002年にMr.Bigが日本での解散ツアーを以って解散した後はリッチーは再びソロ活動に戻っている。同年にはロサンゼルスにてビルを購入してレコーディングスタジオを開設し、単なるギタリストにとどまらない才能を見せている。 * 2006年にレコーディングスタジオをブリンク182のトラヴィス・バーカーに売却した。 * 2006年、ローリング・ストーンズ来日公演の前座を務めた。Mr.Big時代の楽曲や『機動戦士Ζガンダム』の主題歌のカヴァー等、幅広い選曲で、この時のライブにはビリー・シーンも帯同した。

* 幼い頃から聞いてきたというファンクやソウルなどの影響が大きいが、その一方でロックやジャズといった音楽性も持ち合わせているアーティスト。一般的にはギタリストとして知られていることが多いが、ソウルフルなヴォーカリストとしても非凡な才能の持ち主であることが知られている。そのキャリアの大半をソロ活動が占め、ギタリストとしてよりもソロ・アーティストとしての活動が中心となっている。その幅広い音楽性とさりげなく聴かせる高度なギターテクニックからギター雑誌や音楽雑誌などではしばしば「名手」と呼ばれることが多い。 * ギターテクニックの面では、アラン・ホールズワースを彷彿させる流れるようなレガート(ピッキングをしないで左手のフィンガリングによって音を奏でる奏法)による速弾きとスウィープが大きな特徴といえる。また、右手の人差し指、あるいは中指… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls