Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

(1985 ~現在)

85年にレベッカを脱退した木暮武彦(g)が中心になって結成。

最初はレベッカ♂(オス)と名乗り、 次にレッド・ウォーリアーズ、直訳すれば"赤い戦士"と名乗ったことからも、 脱退云々に絡んで彼が結構ムカっ腹を立てており、 それ故にこのバンドが尋常ならぬエネルギーをためていたことが容易に想像できる。

わかりやすい。そんな彼らが作り上げたのは、 日本の4畳半フォークに見られるしみったれた裸電球ワールドの対極に位置するような、 バブリーでゴージャスなバッド・ボーイズ・ロックンロール。

バカでかい外車を転がし、お姉ちゃんをはべらせ、 果てはバラをちりばめた浴槽でドンペリ抜きそうな勢いの、 まさに"SEX DRUG ROCK'NROLLl"な世界観。

それは日本人であるが故に、 6畳一間のアパートにシャンデリアをつけるようなバカバカしさや 笑っちゃうような根拠のなさを醸し出していたが。 その無茶を力技でやってのける強引さや、 そこにある向こう見ずなエネルギーが、 華やかなエンターテインメント性を擁したステージングと共に、 ファンをロックな幻想へとトリップさせてくれてもいた。 また、これで売れなければシャレにならなかったところだが。

デビューと共にライヴハウスからスタジアムまで猛スピードでサクセス・ストーリーを築き、 上り詰めた場所で突如解散。 その理由が木暮のアメリカン・ドリームだったというから、 最後まで"らしさ"を貫いたバンドだったと言える。

その後、96年に一度、そして99年には再度本格的に再結成されている。

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls