Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 活動期間

    1991 ~現在 (29 年間)

  • 出身地

    Abingdon-on-Thames, Oxfordshire, England, イギリス

  • メンバー

    • Colin Greenwood
    • Ed O'Brien
    • Jonny Greenwood
    • Philip Selway
    • Thom Yorke

レディオヘッド(Radiohead)は、イギリス・オックスフォード出身のロックバンド。重層的な音作りやアルバムごとの急激な変化でも知られ、同時代の最も創造的な音楽グループとして称賛されている。

メンバーは以下の5人。結成以来メンバーの入れ替わりはない。
 トム・ヨーク Thom Yorke
  (メインボーカル / ギター / ピアノ)
 ジョニー・グリーンウッド Jonny Greenwood
  (ギター / シンセサイザー / 鉄琴 / オンド・マルトノ / ストリングス・アレンジ)
 エド・オブライエン Ed O'Brien
  (ギター / バックボーカル / エフェクター)
 コリン・グリーンウッド Colin Greenwood
  (ベース / シンセサイザー)
 フィル・セルウェイ Phil Selway
  (ドラム / パーカッション)

1986年に学校の友達が集まってバンドが結成された(当時のバンド名は「On A Friday」)。その後1991年にEMI傘下のパーロフォンと契約し、現在のバンド名に改名。EP『Drill』でメジャーデビューを果たした。

1stアルバム『Pablo Honey(1993)』からのシングル『Creep』は、当時ラジオを占拠していたグランジミュージックのひとつとして、アメリカを中心に世界的なヒットとなった。この頃のレディオヘッドはまだ、オーソドックスなロックバンドの1つであり、The Smiths、Pixies、R.E.M.、Magazine、Joy Divisionなどのオルタナティブロックや、ポストパンクに影響を受けていた。

レディオヘッドは当時、イギリス国内では、外国での一発屋と決めつけられていたが、2ndアルバム『The Bends(1995)』における濃密なギターとトム・ヨークの表現力豊かな歌によって、本国イギリスでも多数のファンを獲得し、人気を不動のものとした。

3rdアルバム『OK Computer(1997)』ではさらに大きな注目を集め、広がりのある冷たいサウンドと、現代の疎外感をテーマにした詩作の双方が人気を呼び、評論家などから90年代を代表する歴史的名盤としての評価を得た。

続く4thアルバム『Kid A(2000)』では電子音楽へ急接近し、多くのファンを驚かせ、賛否両論を巻き起こした。さらに、同時期に製作された5thアルバム『Amnesiac(2001)』では、電子音楽に留まらない、幅広いジャンルの影響を受けた音楽を展開したが、6th『Hail to the Thief(2003)』ではバンドサウンドへの回帰をみせた。この頃のレディオヘッドには、Autechre(電子音楽)、Can(実験音楽)、Charles Mingus(ジャズ)、Olivier Messiaen(クラシック)など、様々なアーティストの影響がみられる。

2007年10月、7thアルバム『In Rainbows』を、自身の公式Webサイトからダウンロード販売する形で発表。「あなたの言い値で」という、リスナー自身による価格決定方式が話題を呼んだ。

レディオヘッドの評価を高めている要因には、音楽的な独創性に加え、4thアルバムから見せた進取の精神がある。トムは社会的な取り組みにも熱心で、各種チャリティーや中国からのチベット独立運動、ジュビリー2000などにも参加している。

往時のヒットには恵まれないものの、レディオヘッドは現在でも音楽シーンの牽引者とみなされている。ライブには熱狂的なファンが押し寄せ、彼らの音楽は様々なジャンルのアーティストに影響を与えているが、彼ら自身はバンドの驚くべき商業的成功を「部外者」として楽しんでいるようでもある。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

注目の記事

API Calls