Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

プラシーボ(Placebo)は、イギリスのバンドである。ヨーロッパでは圧倒的な人気を誇る。

・初期
以前ルクセンブルグでアメリカンスクールに通っていたブライアン・モルコとステファン・オルスダルが1994年に地下鉄の駅で再会したのをきっかけに結成。
結成当初、ドラマー不在だったため、スティーブ・ヒューイットとロバート・シュルツベルグが交代でドラムをたたいていた。その後、ロバートが正式にPlaceboのドラマーとなったがブライアンとの折があわず1996年に脱退、スティーブが加盟した。

・中期
1996年にアルバム『Placebo』からシングルカットしたNancy Boy、1998年のPure Morning(アルバム『Without You I'm Nothing』からシングルカット)はイギリスで大ヒットし、大きな成功をおさめる。また、英語なまりの流暢なフランス語でフランスのファンを魅了し、欧州での絶大な人気を誇るようになる。
『Black Market Music』(2000年リリース)ではあまり大胆な変化は見られなかったが、2003年にリリースした『Sleeping with Ghosts』ではダンス・ミュージックやエレクトロニック・ミュージックの影響を受け、より大胆なアルバムに仕上がっている。
デビッド・ボウイの50歳の誕生パーティーがマディソン・スクエア・ガーデンで行われた際には、20th Century Boyを演奏、その後、デビッド・ボウイとPlaceboはWithout You I'm Nothingのデュエットシングルをリリースする。
『Black Market Music (2000)』からのシングルカットSpecial K のリリースに英音楽業界では難色を示したため(ドラッグ使用を容認したような内容が含まれるので)、最初にオーストラリアでリリースされた。

・近年
2004年の秋に、シングルコレクション『Once More with Feeling』をリリース、またウェンブリー・アリーナで一晩だけのコンサートを行った。
2005年の9月にはK.D.Eの元メンバーであったDaniel Waiteと新しいアルバムをレコーディング、2006年3月にはアルバムからBecause I Want Youがシングルカットされた。
2006年3月にアルバム『Meds』がリリースされたが1月にインターネット上にリークされるという事件が起きた。アルバムからはBecause I Want YouおよびInfra-Redがシングルカットされた。
2006年10月、10周年記念コレクターでエディションというタイトルのもと、デビューアルバム『Placebo』がデジタルリマスターで再リリースされた。このボックスセットにはDVDも入っており、ミュージックビデオやコンサート、テレビ出演がおさめられている。
2007年4月にケイト・ブッシュのヒット曲Running Up That Hillをカバー、そのプロモーションビデオ撮影のためファンを動員することを発表した。
2007年10月1日に、スティーブ・ヒューイットは音楽的なまた個人的な違いのため脱退。2008年にスティーブ・フォレストが新加入したが、詳細は発表されていない。

-アルバム-
Placebo (1996年)
Without You I'm Nothing (1998年)
Black Market Music (2000年)
Sleeping with Ghosts (2003年)
Once More with Feeling(Best) (2004年)
Meds (2006年)
Battle for the Sun (2009年)

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls