Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

スウェーデン、Eskilstuna, Eskilstuna Municipality, Södermanland (1991 ~現在)

ペイン・オブ・サルヴェイション, Pain of Salvationはスウェーデンのプログレッシブ・メタルバンド。略称PoS。プログレッシヴ・メタルの界隈でも図抜けてアルバムの物語性が高く、またメタルにとどまらない様々なアプローチを見せている。

1984年、バンドの原型となるRealityが当時11歳だったダニエル・ギルデンロウにより結成される。 1987年、史上最年少でスウェーデンの音楽コンテストRock-SMに出場し、ダニエルはベスト・ボーカリストを受賞。同年、同じく最年少でビートルズ・フェスティバルにも参加。 1990年、バンドのメンバー交代が行われる。ベースはヨアキム・ストランドバーグからマグナス・ヨハンソンを経て、のちにメシュガーに加入するグスタフ・イェルムへ、ドラムはミカエル・パターソンからヨハン・ランゲルへと交代した。 1991年、Pain of Salvationとして初めてのライブを行う。 1994年、ベースのグスタフが脱退し、後任にダニエルの実弟であるクリストファー・ギルデンロウが参加。 1996年、キーボード・プレイヤーとしてフレドリック・ヘルマンソンを迎える。 1997年、アルバム『Entropia』をリリース。 1998年、アルバム『One Hour by the Concrete Lake』をリリース。録音作業中にギターのダニエル・マディックが脱退し、後釜としてヨハン・ハルグレンが加入。 2000年、アルバム『The Perfect Element, part I』をリリース。このアルバムから、アートワークをダニエルが担当するようになる。ツアー中、バルセロナでダニエルは左手の指を骨折したが、ツアーは断行された。 2002年、アルバム『Remedy Lane』をリリース。 2004年、エスキルステューナでのアコースティック… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

こんなアイテムが聴かれています

API Calls