Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1941年 9月 9日

  • 出身地

    Dawson, Terrell County, Georgia, アメリカ合衆国

  • 没年

    1967年 12月 10日 (享年 26 歳)

南部のソウル・ミュージックを代表するシンガーであり、
この世に存在した最高のヴォーカリストのひとり、
それがオーティス・レディングだ。

彼の音楽はどんな人の心をも揺り動かし、
後進のアーティストたちは誰もが彼にインスピレーションを求める。

マーヴィン・ゲイほどスムーズでもなく、
ジェイムズ・ブラウンほどファンキーでもないが、
オーティスはパフォーマンスに全身全霊を捧げる大男だった。

さらに「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」
を始めとする彼の楽曲群を聴けば、
悲鳴とも叫びともつかないヴォーカルのなかに
自身が人生で冒してきた過ちへの後悔の念を感じ取ることができる。

ブッカー・T.&ザ・MGズがバック・バンドを務めた
オーティスの<STAX>レーベル時代の作品は、
いま聴いても南部のエネルギーと
情熱の感じられるエキサイティングなナンバーばかりだ。

モントレー・ポップ・フェスティバルで
満場のヒッピーたちを圧倒した直後に亡くなったオーティスは、
間違いなくソウル、そしてロックの世界にその名前を深く刻み込んだミュージシャンである。

享年26歳というあまりに早すぎる彼の死は、
アーバンな音楽シーンにポッカリと大きな穴を開ける結果になった。
彼の空席を埋めるに充足たるミュージシャンは、未だに登場していない。
それほど彼の存在は神々しく、偉大なのだ。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

Features

API Calls