Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドで結成されたインダストリアルバンド。トレント・レズナーを中心として活動、1989年にシングル「Down in it」でデビューを果たした。2007年までに5枚のアルバムと3枚のリミックス・アルバムをリリースしている。

その斬新かつ精密なサウンド・プロダクションやビジュアル・ワーク、過激なステージングは後進のアーティストに大きな影響を与えた。それまでアンダーグラウンド・シーンの一つであったインダストリアル・ロックをオーバーグラウンドに持ち上げたバンドの一つでもある。1993年と1996年にはグラミー賞のベスト・メタル・パフォーマーに選出された。

メイン・コンポーザーのトレント・レズナーは、活動の拠点としているアメリカでは絶大な人気と影響力を誇り、1997年のタイム誌が特集を組んだ「最も影響のある25人のアメリカ人」の一人に選出された事もある。

略称は「NIN」。ロゴは3文字目のNが左右反転され、「NIИ」に似た字形になっている。ただし、印刷物やテキストデータでは普通に「NIN」と書かれる。

音楽的特徴

NINの音楽を一言で表すのは難しい。NINの音楽的な特徴として「Wish」で聴く事の出来る、インダストリアルの重たく、騒々しいサウンドが一般的なイメージとして捉えられているが、その捉え方はあまりにも表面的すぎると言える。例えば「Down in it」は1980年代のエレ・ポップからの影響を受けており、「Closer」、「Reptile」などはプログレッシブ・ロックからの影響も受けている。その一方で「Hurt」に代表される、切なく美しいメロディを特徴とする繊細な曲も多い。

レズナー本人が口の重たい人物であるためにその音楽までもが難解であると捉えられがちだが、多くの曲に口ずさめるような判りやすいメロディーがあり、それぞれの楽曲の構成は非常に判りやすい。影響を受けたバンドとしてクイーンやキッス、そしてピンク・フロイドがあると公言している。その影響から楽曲に大衆性が反映され、商業的にも成功を収めたと言えよう。それと同時にパンテラ、デペッシュ・モード、ジョイ・ディヴィジョン、ミニストリー、スキニー・パピー、ジェーンズ・アディクション、プリンス、パブリック・エナミー、エイフェックス・ツイン等のかつて時代の先鋭となっていたアーティストからも非常に強い影響を受けており、そうした体験によって大衆性と併せて先鋭性も表現する事が出来たと考えられる。

楽曲のテーマとなっているのは一貫して「怒り」「渇望」であり、自らの内側からのインスピレーションにこだわり続けた憂鬱なサウンドは、暗く、圧倒的な存在感を放っていた。近年はレズナー本人のメンタル面の安定や成長もあり、以前の様な陰鬱さは抑えられている。また制作活動におけるインスピレーションが内側から外側の出来事に変わって来た事もあって表現方法に変化が現れている。それは2005年にリリースされたアルバム『ウィズ・ティース』で聞く事ができる。

アルバム

1989年 プリティ・ヘイト・マシーン
1992年 ブロークン (EP
1992年 フィックスド (リミックス・アルバム)
1994年 ザ・ダウンワード・スパイラル
1995年 ファーザー・ダウン・ザ・スパイラル (リミックス・アルバム)
1999年 ザ・フラジャイル
2000年 シングス・フォーリング・アパート (リミックス・アルバム)
2002年 アンド・オール・ザッツ・クッド・ハヴ・ビーン (ライブ・アルバム)
2005年 ウィズ・ティース
2007年 イヤー・ゼロ
2007年 イヤー・ゼロ~零リミックス (リミックス・アルバム)

メンバー

その名称からバンドと考える人も多いであろうが、トレント・レズナーによるプロジェクトである。よってスタジオでの制作活動とライブでの活動形態は異なってくる。前者はレズナーとその他のスタッフにより行われ、レズナーがその作業をコントロールしている。アルバムごとに形態は異なるために、詳細は作品ごとのクレジットにて確認できる。後者はアルバム制作後、ツアーに出るためにメンバーのオーディションなどが行われる事がある。そのため、ツアーのメンバーは大幅に入れ替わる事がある。

1989年 - 1991年
Richard Patrick - ギター
Jeff Ward - ドラム
James Woolley - シンセサイザー
Lee Mars - シンセサイザー
Chris Vrenna - ドラム/プログラミング

1994年 - 1995年
Robin Finck - ギター
Danny lohner - ギター/ベース
Chris Vrenna - ドラム/プログラミング
Charlie Clouser - キーボード/シンセサイザー

1999年 - 2000年
Robin Finck - ギター
Danny lohner - ギター/ベース
Jerome dillon - ドラム
Charlie Clouser - キーボード/シンセサイザー

2005年 - 2007年
Aaron North - ギター
Jeordie White - ベース/ギター
Alessandro Cortini - シンセサイザー/ギター/ベース
Josh Freese - ドラム
Alex Carapetis - ドラム
Jerome dillon - ドラム

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

外部リンク

API Calls