Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

Yangon, ミャンマー (1948 – 1974)

ニック・ドレイク(Nick Drake、1948年6月19日–1974年11月25日)は、ビルマ(現ミャンマー)生まれのイギリス人シンガーソングライター。フォークの分野で活動。生前は商業的成功に恵まれず、3枚のアルバムを残して他界するが、死後に評価が高まった。

ビルマのラングーン(現ヤンゴン)で生まれる。父は、1930年代にラングーンに移ってきたイングランド人。姉のガブリエル・ドレイクは、テレビドラマ『謎の円盤UFO』等に出演した女優。幼少時に家族でイングランドに戻り、ウォリックシャー州で育つ。短距離走の才能も持っていたが、やがて音楽に夢中になる。 ケンブリッジ大学フィッツウィリアム・カレッジに在学中、フェアポート・コンヴェンションのアシュレー・ハッチングスに見出され、アイランド・レコードと契約。1969年9月にアルバム『ファイヴ・リーヴス・レフト』でデビュー。同作のタイトルは、「Rizla」というブランドの手巻きタバコ用の巻紙の最後から5枚目に印刷されている文言に由来する(「残り5枚」の意味)。ニックによるギター(一部の楽曲ではピアノ)弾き語りを中心としているが、一部の楽曲にリチャード・トンプソン(フェアポート・コンヴェンション)やダニー・トンプソン(ペンタングル)が参加。また、ストリングスのアレンジを、ケンブリッジ大学でニックと親交のあったロバート・カービーが担当している。 デビュー後、ニックはケンブリッジ大学を中退し、ロンドンに引っ越す。1970年11月には2作目『ブライター・レイター』発表。同作のレコーディングにはフェアポート・コンヴェンションのメンバーや、ジョン・ケイル(元ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)等が参加した。ニックの音楽は評論家からは高い評価を得ていたものの、アルバムの売り上げは伸びず、『ブライター・レイター』も、発表当時は15… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls