Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

Hereford, Herefordshire, England, イギリス (1969 – 1974)

1968年に結成されたサイレンスというバンドを前身とする。アイランド・レコードのプロデューサーのガイ・スティーヴンスがヴォーカルのスタン・ティピンズに不満を感じ、オーディションを経てイアン・ハンターがヴォーカルとして加入。スタン・ティピンズはロードマネージャーとしての役割を与えられ、時折レコーディングやライヴにも参加した。その後バンド名をウィラード・メイナスの小説から取りモット・ザ・フープルと改め、アイランド・レコードと正式に契約し1969年にデビューした。

デビュー当初からライヴが好評だったにも関わらず商業的に振るわず、1972年3月26日スイスのチューリッヒでのライヴの後、ついに解散を決定する。 しかし早くからこのバンドを気に入っていたデヴィッド・ボウイがその話をオヴァレンド・ワッツから聞きつけメンバーを説得し、楽曲の提供とプロデュースを申し出て彼らのために「すべての若き野郎ども (All the Young Dudes)」を書き下ろす(当初ボウイから提供された曲は「サフラゲット・シティ」(ジギー・スターダスト収録)だったが、モット・ザ・フープル側はこれを拒否し、未完成だった「ドライヴ・イン・サタディ」(アラジン・セイン収録)を要求したとされる)。CBS移籍後に発表されたこの曲は彼らにとって最大のヒットとなり(全英シングルチャートで3位、全米シングルチャートで37位)、またグラムロックを代表する曲のひとつとなった。

1973年1月、自作曲を発表する機会が少ないことを理由にヴァーデン・アレンが脱退し、バンドは暫くの間4人編成での活動を余儀なくされる。 シングル「メンフィスからの道 (All The Way From Memphis)」がヒットするが『革命』の発表直前にミック・ラルフス(ギター)が脱退し、ポール・ロジャースらと共にバッド・カンパニーを結成。脱退の理由についてミック・ラルフスは、「いつも思っていたんだ。俺が書いた曲はポールみたいな人に歌ってもらいたがってるなって。俺たち二人にとっては完璧な組み合わせだったよ。で、速攻で行動に移したんだ」と語っている。アレンとラルフスの後任としてモーガン・フィッシャー、ミック… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls