Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • リリース日

    1998年 2月 4日

  • 再生時間

    14曲のトラック

1998年2月24日にEaracheよりリリースされた5th Album。
脱退したDavid Vincentの後任を1996末から本格的に探していたバンドは1997年夏にSteve Tucker(ex-Ceremony)を新ヴォーカル兼ベーシストとして決定した。レコーディングは9月に開始されたが、既に曲はTreyによって総て用意されたいたため比較的スムーズに行われた。今回のレコーディングはMorrisound Recordingで行われ、Treyは自らプロデューサーを務め、エンジニアとしてTom Moris、Mark Prator、Jim Morisを起用した。
作風としては、これまでシンセサイザー等を駆使した装飾的要素は大幅に排除され、その分ブルータルかつアグレッシヴな内容に仕上がっている。
Treyが「思いっきり破壊的なサウンドにしてやったよ」と言うように、彼自身Bbチューニングの7弦ギターを使用している。
また、全体的にこれまで以上にドラムの手数・足数も増しており、Pete Sandovalは「このアルバムの曲が一番叩いてて楽しい」とコメントしていた。

Credits
Steve Tucker - bass, vocals
Trey Azagthoth - guitar, keyboard, vocals on "Invocation of the Continual One"
Pete Sandoval - drums, percussion

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアルバム

注目の記事

API Calls