Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1911年 10月 26日

  • 出身地

    New Orleans, Louisiana, アメリカ合衆国

  • 没年

    1972年 1月 27日 (享年 60 歳)

ルイジアナ州ニューオーリンズに生まれ、市内アップタウンの黒人が多く住むBlack Pearlと呼ばれる地区で育ちながら、バプティスト教会で唄い始める。1927年にシカゴへ移り、ゴスペルグループであるジョンソン・ブラザーズのメンバーとしてプロの音楽活動を開始する。

1937年にソロとして初のレコーディング(「God's Gonna Separate the Wheat from the Tares」)を行うが売上は芳しくなかった。しかしこのレコーディングを切掛けに、音楽関係者たちから実力を認められるようになり、有名なコンサートへ出演する機運に恵まれる。もちろんゴスペル・レコードは布教のための音楽であり、売り上げは本来関係のないものである。

その後はコンサート活動に専念、暫くレコーディング活動から離れるが、1946年にアポロ・レコードと契約。アポロで録音した何曲かのゴスペル作品によって、次第に広く一般にも知られるようになっていった。もっともレコードの売上自体はまだまだ不調続きであったが、実力に伴う知名度は上がっていった。

1948年の「Move on up a Little Higher」によって、ようやく商業的にも成功を収める。レコードの急激な売上上昇に追いつかず、レコードショップは在庫を常に切らした状態であったという。マヘリアはアメリカ国内のみならず、ヨーロッパでも有名になり、「I Can Put My Trust in Jesus」によってフランス・アカデミーから賞を受けた。その後CBSラジオで自身の番組を持ち、1954年にはコロムビア・レコードに移籍した。移籍する前に有名なプロデューサー、ジョン・ハモンドは「コロンビアはホワイト・ホワイトだから」とマヘリアに忠告したが、彼女は耳を貸さなかった。

ソウル評論家、鈴木啓志は、マヘリアが貪欲なまでの事業家であり、巨万の富を築けば築くほど、その音楽は中身の薄いものになったと批判している。商業的な市場での成功によって、マヘリアの音楽からリアルなゴスペル風味が失われたと感じるゴスペル・ファンが多く、黒人の間から批判が聞かれるようになった。同じゴスペル・シンガーのウィリー・メイ・フォードは生涯、金銭的に恵まれなかったが、黒人の間で尊敬を集めたケースとは正反対だった。

後期
60年代になってもマヘリアはなお旺盛に音楽活動を行い、ニューポート・ジャズ・フェスティバルやケネディ大統領の就任式でも演奏した。また親交の深かったマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの告別式に於いても歌唱を捧げている。

1971年に来日、渋谷公会堂で公演した。(観客のひとりにデビュー間もない頃の浅川マキが居り、当時のことを克明に記憶していた。その出来事は浅川マキのエッセイやインタビューなどで度々話題となった。また、観客の中にはデビュー前の吉田美奈子も居た。)マヘリアは、1971年のドイツ公演を最後に音楽活動から引退した。

1972年1月27日、糖尿病に因る心臓麻痺(心不全)のため、イリノイ州シカゴで没。 60歳だった。墓所は、故郷ニューオーリンズに隣接したルイジアナ州メテリーのプロヴィデンス共同墓地にある。死後、マヘリアはゴスペル・ミュージック協会から「ゴスペル・ミュージックの名誉」との称号を与えられた。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

注目の記事

API Calls