Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

Brooklyn, New York, New York, アメリカ合衆国 (1942 – 2013)

ルー・リード(Lou Reed, 1942年3月2日 - 2013年10月27日)は、アメリカのミュージシャン。ニューヨーク州ブルックリン出身のユダヤ系アメリカ人である。シラキューズ大学卒業。在学中にデルモア・シュワルツ(Delmore Schwarz)に師事して詩作を学ぶ。本名ルイス・アレン・リード (Lewis Allen Reed) 。父の代にラビノヴィッツ (Rabinowitz) から改姓。その極めて前衛的な音楽性と人間の暗部を深く鋭く見つめる独特の詩世界は後のロック界、特にパンク・ロック、オルタナティブ・ロックに大きな影響を与えた。ボブ・ディランなどと並び、ロックの芸術性の向上に多大なる影響を与えた音楽家の一人である。

1965年に結成された伝説のロックバンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)のヴォーカル・ギタリストとして名を馳せた。同バンドでは、数多くの作詞・作曲も手がけている。バンドは1972年まで続いたが、リードは1970年にバンドを離れ、以後ソロ活動を開始した。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドでの活動はわずか4年ほどであったが、バンド結成とリード在籍時の活動とは、ロックの歴史において、オルタナティブ・ロックを産み出した「ビッグ・バン」と位置付けられている。

リードのソロ・キャリアは多彩なものである。1972年に「ワイルド・サイドを歩け(Walk on the Wild Side)」がヒットした(のちにアメリカでホンダのスクーターのCMソングに起用される)が、1973年にはコンセプト・アルバム『ベルリン(Berlin)』を含め、コマーシャリズムに陥ることを嫌った。その極致として、1975年にはアルバムの収録時間すべてにフィードバック・ギターのノイズが展開される問題作『無限大の幻覚(Metal Machine… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

こんなアイテムが聴かれています

API Calls