Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

リンプ・ビズキット(Limp Bizkit)は、アメリカのニュー・メタルバンド。 4thアルバム『リゾルツ・メイ・ヴァリー』のみバンドロゴをリンプビズキット(limpbizkit)としている。

1994年 ヴォーカリストのフレッド・ダースト(Fred Durst)と友人のベーシスト、サム・リヴァース(Sam Rivers)がフロリダ州ジャクソンビルにて結成。
後にリヴァースの従兄弟でドラマーのジョン・オットー(John Otto)、さらにギタリストのウェス・ボーランド(Wes Borland)、ハウス・オブ・ペインのサウンド・クリエイター、DJ リーサル(DJ Lethal)を加えてデビュー時のラインナップとなる。

ジャクソンヴィルにライヴに来ていたコーンのメンバーに、入れ墨を彫りにきたダーストがデモを渡し、それがきっかけでデビューすることになったというのは有名な逸話だが、これは誤り。
実際はダーストがいつの間にかコーンのツアーバスにリンプのデモテープを放り込み、そのデモを気に入ったメンバーがパーティーに呼び、デビューが決まった。
そこで酔ったフレッドがコーンのギタリストの背中にタトゥーを彫ったという。KoЯnと彫ったつもりが酔っていたせいでKeЯnと綴りを間違えた。

1997年 デビュー・アルバム『スリー・ダラー・ビル、ヤ・オール$』(Three Dollar Bill, Yall$)に収録された、ジョージ・マイケルのカヴァー「フェイス」のミュージック・ビデオがMTVでヘヴィー・ローテーションされたことで人気が爆発。同アルバムは現在までにアメリカだけで200万枚を超える売り上げ。

1999年2枚目のアルバム『シグニフィカント・アザー』(Significant Other)発売。全米初登場1位。現在までにアメリカだけで700万枚を超える売り上げ。

2000年3枚目のアルバム『チョコレート・スターフィッシュ・アンド・ザ・ホットドッグ・フレイヴァード・ウォーター』(『Chocolate Starfish And The Hot Dog Flavored Water』)発売。全米初登場1位。
ロック・アルバムの初動売り上げ記録を更新。累計1200万枚を越す大ヒットを記録。

2001年音楽性の違いからギタリストでソング・ライティングの要であったボーランドが脱退。
後任ギタリストに元スノットのマイク・スミスを据えて活動を続ける。
過去楽曲のリミックス・アルバム、ニュー・オールド・ソングス(New Old Songs)を発売。

2003年4枚目のアルバム『リゾルツ・メイ・ヴァリー』(Results May Vary)発売。全米初登場3位。
リンプらしくないと批判を浴びる。一部のライヴでは観客からブーイングが巻き起こる。

2004年オフィシャルページにてウェス・ボーランドの復帰が伝えられる。

2005年ノンプロモーションで『「真実への逃避」~ジ・アンクエスチョナブル・トゥルース(第一幕)』(The Unquestionable Truth (Part 1))を発表。
全米初登場24位。初のベストアルバム、グレイテスト・ヒッツ(Greatest Hitz)とビデオ集グレイテスト・ヴィデオズ(Greatest Videoz)を発売。

2006年ギタリストのウェス・ボーランドが再脱退。

2009年Download Festivalのオーガナイザーが、「ウェス・ボーランドはLimp Bizkitに戻ったのか?」という質問に対し、「YES,100パーセント。」というコメントをしている。
ウェスの復帰が正式に発表され、同年、"Rock Am Ring"や"Rock Im Park"などでライヴ活動を再開。SUMMER SONIC 09にも出演。

音楽性
ジャンルとしては1980年代後半から1990年代初頭にかけて確立されたロックとヒップ・ホップを融合させたラップメタルに分類される。
ダーストの甲高いMCと、ボーランドの奏でる変態的ともいえる独特のギター・サウンドが持ち味である。

また1980~90年代のポップスに対してこだわりを持っているようで、これまでに「フェイス」(ジョージ・マイケル)、 「ビハインド・ブルー・アイズ」(ザ・フー)「ホーム・スウィート・ホーム」(モトリー・クルー)、「ビタースウィート・シンフォニー」(ザ・ヴァーヴ)の3曲のカヴァー曲(「ホーム・スウィート・ホーム」と「ビタースウィート・シンフォニー」は1曲にまとめてカヴァー)をアルバムに収録。またライブではニルヴァーナの「ユー・ノウ・ユーアー・ライト」やハウス・オブ・ペインの「ジャンプ・アラウンド」なども披露している。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

外部リンク

API Calls