Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 活動期間

    1994 ~現在 (25 年間)

  • 出身地

    Jacksonville, Duval County, Florida, アメリカ合衆国

  • メンバー

    • DJ Lethal (1996 ~現在)
    • Franko Carino (2013 – 2018)
    • Fred Durst (1994 ~現在)
    • Head (2002 – 2003)
    • John Otto (1994 ~現在)
    • Mike Smith (2003 – 2004)
    • Rob Waters (1994 – 1995)
    • Sam Rivers (1994 – 2015)
    • Samuel G. Mpungu (2015 ~現在)
    • Terry Balsamo (1996 – 1996)
    • Tsuzumi Okai (2018 – 2018)
    • Wes Borland (1995 ~現在)

リンプ・ビズキット(Limp Bizkit)は、アメリカのニュー・メタルバンド。 4thアルバム『リゾルツ・メイ・ヴァリー』のみバンドロゴをリンプビズキット(limpbizkit)としている。

1994年 ヴォーカリストのフレッド・ダースト(Fred Durst)と友人のベーシスト、サム・リヴァース(Sam Rivers)がフロリダ州ジャクソンビルにて結成。
後にリヴァースの従兄弟でドラマーのジョン・オットー(John Otto)、さらにギタリストのウェス・ボーランド(Wes Borland)、ハウス・オブ・ペインのサウンド・クリエイター、DJ リーサル(DJ Lethal)を加えてデビュー時のラインナップとなる。

ジャクソンヴィルにライヴに来ていたコーンのメンバーに、入れ墨を彫りにきたダーストがデモを渡し、それがきっかけでデビューすることになったというのは有名な逸話だが、これは誤り。
実際はダーストがいつの間にかコーンのツアーバスにリンプのデモテープを放り込み、そのデモを気に入ったメンバーがパーティーに呼び、デビューが決まった。
そこで酔ったフレッドがコーンのギタリストの背中にタトゥーを彫ったという。KoЯnと彫ったつもりが酔っていたせいでKeЯnと綴りを間違えた。

1997年 デビュー・アルバム『スリー・ダラー・ビル、ヤ・オール$』(Three Dollar Bill, Yall$)に収録された、ジョージ・マイケルのカヴァー「フェイス」のミュージック・ビデオがMTVでヘヴィー・ローテーションされたことで人気が爆発。同アルバムは現在までにアメリカだけで200万枚を超える売り上げ。

1999年2枚目のアルバム『シグニフィカント・アザー』(Significant Other)発売。全米初登場1位。現在までにアメリカだけで700万枚を超える売り上げ。

2000年3枚目のアルバム『チョコレート・スターフィッシュ・アンド・ザ・ホットドッグ・フレイヴァード・ウォーター』(『Chocolate Starfish And The Hot Dog Flavored Water』)発売。全米初登場1位。
ロック・アルバムの初動売り上げ記録を更新。累計1200万枚を越す大ヒットを記録。

2001年音楽性の違いからギタリストでソング・ライティングの要であったボーランドが脱退。
後任ギタリストに元スノットのマイク・スミスを据えて活動を続ける。
過去楽曲のリミックス・アルバム、ニュー・オールド・ソングス(New Old Songs)を発売。

2003年4枚目のアルバム『リゾルツ・メイ・ヴァリー』(Results May Vary)発売。全米初登場3位。
リンプらしくないと批判を浴びる。一部のライヴでは観客からブーイングが巻き起こる。

2004年オフィシャルページにてウェス・ボーランドの復帰が伝えられる。

2005年ノンプロモーションで『「真実への逃避」~ジ・アンクエスチョナブル・トゥルース(第一幕)』(The Unquestionable Truth (Part 1))を発表。
全米初登場24位。初のベストアルバム、グレイテスト・ヒッツ(Greatest Hitz)とビデオ集グレイテスト・ヴィデオズ(Greatest Videoz)を発売。

2006年ギタリストのウェス・ボーランドが再脱退。

2009年Download Festivalのオーガナイザーが、「ウェス・ボーランドはLimp Bizkitに戻ったのか?」という質問に対し、「YES,100パーセント。」というコメントをしている。
ウェスの復帰が正式に発表され、同年、"Rock Am Ring"や"Rock Im Park"などでライヴ活動を再開。SUMMER SONIC 09にも出演。

音楽性
ジャンルとしては1980年代後半から1990年代初頭にかけて確立されたロックとヒップ・ホップを融合させたラップメタルに分類される。
ダーストの甲高いMCと、ボーランドの奏でる変態的ともいえる独特のギター・サウンドが持ち味である。

また1980~90年代のポップスに対してこだわりを持っているようで、これまでに「フェイス」(ジョージ・マイケル)、 「ビハインド・ブルー・アイズ」(ザ・フー)「ホーム・スウィート・ホーム」(モトリー・クルー)、「ビタースウィート・シンフォニー」(ザ・ヴァーヴ)の3曲のカヴァー曲(「ホーム・スウィート・ホーム」と「ビタースウィート・シンフォニー」は1曲にまとめてカヴァー)をアルバムに収録。またライブではニルヴァーナの「ユー・ノウ・ユーアー・ライト」やハウス・オブ・ペインの「ジャンプ・アラウンド」なども披露している。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

似ているアーティスト

Features

API Calls