Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

曲名 祈り そして 戯れ ~ 光りのもとの ~
(欧文名 Oraison et Jeux ~ sous un rai lumineux)
作曲 保科洋 (2003)

演奏
オーボエ 津上順子
指揮 秋山隆
保科アカデミー室内管弦楽団 "アンサンブル=ハルモニア”

曲解説
"この曲は、オーボエ奏者広田智之氏の委嘱によって、同氏のリサイタルを記念して2003年6月から8月にかけて作曲したものである。
『いずこからともなくキラキラと降り注ぐひかり、その温もりに包まれながら、自然の偉大さ美しさを身体いっぱいに受け止めて、日々を送れる幸せを感謝しつつ、 ~祈りそして戯れる~。 』
このような心情をもととして、曲は「祈り」をイメージした Lento の即興的な曲想の第一部分、「戯れ」を描いたリズミックでテクニカルなフレーズが交錯する Allegro の第二部分、そしてカデンツ的要素を含む「祈り」の第三部分、及び「戯れ」による短いコーダ、で構成されている。 (中略)
なおこの曲は、2003年の広田智之氏のリサイタルにおいて初演され、その後、2004年の日本木管コンクールにおいて荒絵理子氏が演奏し見事第一位に輝いた。"
(Hoshina Music Office楽譜解説より)

2003年にソロオーボエとピアノのための曲として作曲。
2004年に保科アカデミー室内管弦楽団の委嘱により、ピアノ部分をオーケストラに編曲。
2005年に神奈川大学吹奏楽部の委嘱により、ピアノ部分を吹奏楽に編曲。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているトラック

Features

API Calls