Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

(1989 ~現在)

エッジ・オブ・サニティ(Edge of Sanity)はスウェーデン出身のバンド。メロディック・デス・メタル(メロデス)の誕生・発展に多大な貢献を果たした。エステルイェータランド県フィンスポングにて、1989年結成。

基本的には五人組だが、アルバム中の曲ごとに、楽器を担当しているメンバーが異なるものもあるなど、ほかのバンドとは異なる活動の形態を採っていた。そのため、中心人物のダン・スワノさえいればエッジ・オブ・サニティは成り立つ、との見方が一般的である。ただし、スワノが参加していないアルバム、楽曲も存在する。

メロデスに分類されつつも、現在の「メロデス」とは一線を画すバンドである。ダン・スワノの音楽的実験の場として活用されてきたためだろう。

1989年11月にレコーディングスタジオを所有するダン・スワノ(Vo)とそのスタジオを使っていた人を中心に結成。1990年に、Black Mark Productionsと契約。1991年に1stアルバム『Nothing But Death Remains』をリリースしデビュー。その後も、デモをリリースしつつ、2ndアルバム『Unorthodox』、3rdアルバム『The Spectral Sorrows』をリリースする。1994年にリリースされた、4thアルバム『Purgatory Afterglow』で、ビクター・エンタテインメントから日本盤がリリースされ、日本デビューを果たす。このとき、1stから3rdアルバムまでのアルバムも日本盤がリリースされた。そして、1996年に40分以上に及ぶ超大作“Crimson"1曲のみで構成された問題作、5th『Crimson』がファンから総スカン食らい1997年リリースの6thアルバム『Infernal』からは再び軌道修正を図り、やり過ぎ大作主義から一転、何れもコンパクト且つストレートにまとめられ、Keyやアコギ等の凝った装飾を排したアレンジも、至ってシンプルな作風に変わっていった。その後も… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls