Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

アメリカ合衆国、Chicago, Cook County, Illinois (1969 ~現在)

アース・ウィンド・アンド・ファイアー (Earth, Wind & Fire) はアメリカの伝説的なファンクミュージック・バンドである。

全盛期はモーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカル、重厚なホーン・セクションと程良いコンピューターの打ち込みによる電子音を取り入れたのが特徴であった。1980年代半ばには、その大きな売りであった生のホーン・セクションに、他のバンドに先駆けてコンピューターの打ち込みによる電子音中心のバンド形式に変え、実験的な音作りも取り込んだ。現在は、パーキンソン病にかかってしまったモーリスに変わって、フィリップが中心メンバーとして活動している。

モーリス・ホワイトは初期はジャズ・ドラマーとしてラムゼイ・ルイスのバンドに参加していた。彼のバンドを離れた後、1969年にシカゴにて、『ソルティ・ペパーズ』を結成、キャピトルからシングルを残す。1970年には活動拠点をロサンゼルスに変え、バンド名もアース・ウィンド・アンド・ファイアー(以後EWF)と改名。占星術によるとモーリスは土、風、火の要素があるからと言う事からと、宇宙論を結びつけ、Earth, Wind & Fire(土と風と火)と名づけた。(当時の人気バンド、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの模倣という説もある。)ワーナーと契約、モーリスの兄弟のヴァーダインにフレッドを含めた10人の大所帯バンドとなる。2作リリースするがヒットはせず。

1972年にコロムビア・レコードに移籍、フィリップ・ベイリーが加入。コロムビアには以後1990年まで在籍する。1973年にHead To The Skyをリリースし、ゴールド・ディスクを獲得する。1975年にはThat's the Way of the World(『暗黒への挑戦』)を、同名の映画のサウンド・トラックとしてリリースするが、映画はヒットせず… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls