Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

イギリス、Basildon, Essex, England (1980 ~現在)

1980年、イングランドのエセックス、バジルドンにて結成されたエレクトロニックバンド。 バンド名は、フランスのファッション雑誌 "Dépêche mode" から引用したものである。英語では"fast fashion"と訳され、"最先端の流行"という意味があるが、結成当時、特にその意味を意識して命名されたわけではない。 デビューのきっかけは、彼らのステージを東ロンドンにあるパブ「ブリッジハウス」で見た、Mute RecordsのDaniel Millerに声をかけられたことである。この出会いが、Depeche Mode、そしてMute Recordsの後の運命を変えた。 彼らは1981年2月にデビューシングル「Dreaming of Me」を発表。全英チャートで57位を記録する。続いてシングル「New Life」を発表、これが全英チャート11位を記録するスマッシュヒットとなり、3ヵ月後に出した「Just Can't Get Enough」では全英チャート最高8位と着実に成果を出していく。そして満を持して発表した1stアルバム『New Life』は全英チャート10位を記録し、評論家や雑誌から好意的な評価を得た。時代はニュー・ウェーヴの最盛期であり、その時流に乗った形となる幸先のよい船出であった。ここで最初の不協和音と困難がバンドを襲う。かねてからプロモーションとツアー活動に不満を漏らしていたVince Clarkeが1981年に脱退し、Martin Goreが代わりに作詞作曲を担当することでバンドを存続させ、この件がMartin Goreの才能を開花させるきっかけとなった。ヴィンス脱退後の初のシングルとなった「See You」は過去最高の全英チャート6位を記録。続いて2枚のシングルを出した後2ndアルバム『A Broken Frame』を発表。MartinはVinceの持っていたポップセンスと陰りのある作風を引き継ぎ、さらに独自のものへと発展させていった。Alan Wilderが加入して3rdアルバム『Construction Time Again』をリリース、Alanはバンドの音楽性に今までにない要素、金属の打撃音や摩擦音といったインダストリアル・ミュージックの要素を持ち込んだ。この頃から、Martinの詞には社会の矛盾に対する鋭い批判や意味深なニュアンスが込められるようになってくる。5thアルバム… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls