Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

イギリス、Hertford, Hertfordshire, England (1968 ~現在)

ディープ・パープル (Deep Purple) は1968年にイギリスで結成されたハードロックバンドである。

ヴォーカル/ギター/ベース/キーボード(特にハモンド・オルガン)/ドラムスという構成で、マイナー・コードと爆音の様なサウンドを使った演奏を繰り広げる、というハード・ロック、もしくはヘヴィ・メタルの定型を作り上げたバンドとして知られている。特に、いわゆる第2期と呼ばれる時期の作品に名作が多く、商業的にも成功した為、一般的に認知度の高い楽曲やフレーズ、ギターリフが多い。1976年に一度解散したが、1984年に再結成し、2007年1月現在に至るまで10回のメンバーチェンジを行いながらも、現役として活動を続けている。

音楽性と影響 時期によってその音楽性は変転しているが、最も印象深く、商業的にも成功している第2期は、いわゆる「ハード・ロック」であり、また「ヘヴィ・メタル」の先駆的な存在であると思われる。クリームやジミ・ヘンドリックスなどの先例はあるにせよ、疾走感を伴う曲想と、できる限り大きな音量を出す事が可能なアンプ / PAを使用して、観客を圧倒するパフォーマンスを展開するという、言ってみれば「形式としてのハード・ロック」を構築したのはディープ・パープルであると言われている。

また、クラシック音楽の導入が特徴とされている。とりわけ国民楽派以降のそれに多大な影響を受けており、和声進行(ハーモニックマイナースケール)を楽式に導入している。代表曲である「ハイウェイ・スター」と「紫の炎」の間奏部分はバッハのコード進行を引用したものであるとリッチー・ブラックモアは語っている。

また、リッチー・ブラックモアによるギターの速弾き、印象的なリフは非常に有名で、速弾きの元祖とも言われている。特に「ハイウェイ・スター」や「紫の炎」などに見られる速弾きのテクニックは、その後の多くのギタリストに影響を与えた。また、「スモーク・オン・ザ・ウォーター… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

有料メンバーに登録 すると広告を非表示にできます。

トップリスナー

こんなアイテムが聴かれています

API Calls