Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1986年 2月 26日 (36 歳)

  • 出身地

    Yokohama, Kanagawa, 日本

クリスタル・ケイ(Crystal Kay 本名:Crystal Kay Williams 1986年2月26日 - )は、日本の女性歌手。ソニー・ミュージックエンタテインメント(エピックレコードジャパン)所属。身長170cm。横浜市出身。

確かな歌唱力を持ち、日本で生まれ育ったがアメリカンスクール出身のため英語も堪能である。
誰とでも友だちになれるのが特技で、PVで共演した成宮寛貴や平井堅、BoA、松浦亜弥、加藤あい、山田優、ARASHI、アメリカの女性歌手エイメリー(Amerie)など数多くの著名人と交友がある。

愛称は「クリ」。「ケイ」はミドルネームなので、本来ならば「クリスタル」か「ウィリアムズ」で呼ばれるべきだが、付き合いの浅い人からは日本名と語感の近い「ケイちゃん」と呼ばれることもある。ラジオ番組において本人は「ケイ」が最も苦手な呼ばれ方であると語っている。

来歴
初めての仕事は4歳のころで、PCエンジンDuoのCMソングである。1999年、13歳の時に『Eternal Memories』(作曲・編曲:菅野よう子)でシングルデビュー。菅野美穂出演のサントリー「ビタミンウォーター」CMソングとして起用された。その後、2000年頃は歌手としての目立った活動を控えていたが、2001年に映画「サトラレ」主題歌『LOST CHILD』を歌ったことで、知名度を上げた。また同じ頃にm-floと知り合いFMフェスティバル'01のファイナルライブでは、TAKU(m-flo) meets Crystal Kay meets YOU THE ROCK☆として、m-floの「come again」をセッションして出場を果たした。

2002年8月にリリースした、m-floの☆Takuプロデュースのシングル『hard to say』がロングヒットとなった。同年10月に、T.Kuraなどを制作陣に加えた3rdアル バム『almost seventeen』がオリコン最高2位を記録。最も成長が期待される、若手女性アーティストの1人として注目された。

2003年、LISAの脱退によってボーカル不在となった、m-floのゲストボーカリストとして、シングル『I LIKE IT』(Crystal Kay loves M-FLO 名義) と、その客演返しとしてシングル『REEEWIND!』(M-FLO loves Crystal Kay 名義)を同時にリリース。2枚共にオリコン10位以内に入るヒットとなった。

元々、全米進出を希望していたクリスタル・ケイだが、同年、世界進出を視野に入れた全英語詞曲収録の『NATURAL -World Premiere Album-』を発表し、アジア市場への進出を試みた。

デビュー5周年を迎えた2004年、シングルでは初のバラード『Motherland』を発売。人気アニメのエンディングだった効果もあり、シングルチャートでトップ10入りを果たす。 そして6月には、デビュー5周年を記念し、ファン投票によって収録楽曲を決定した企画アルバム『CK5』を発売。

『CK5』リリース後はボイストレーニングとダンスレッスンを受けるためニューヨークへ渡る。帰国後、同年11月にシングル『Bye My Darling! 』、2005年1月には『Kiss』をリリース。そして3月に、プロデューサーに、Des'reeやCharaのプロデュースで知られるアシュリー・イングラムを筆頭にT.Kura・Nao'ymt・マボロシを迎えた5thアルバム『Crystal Style』を発表し、4作連続でオリコンWEEKLYチャート初登場2位を記録。 5月には同タイトルのドラマ主題歌となった16枚目(「I LIKE IT」などを除いた場合)のシングル『恋におちたら』を発表。それまでのクリスタル・ケイの曲に無い、キャッチーで誰にも歌いやすい、いわゆる歌謡曲調の楽曲は、彼女の歌に今まで触れたことの無かった広い層にも知られ、商業的に最も成功する。

トリノオリンピックで沸く2006年、2月8日に17枚目の両A面シングル『Kirakuni / Together』を発表。大人のチルアウト・チューンと銘打たれたジャム&ルイスプロデュースのダンスナンバー『Kirakuni』。PVでは、和をモチーフにした世界観に和服姿で登場し、久々にダンスも披露。歌詞も大半が英語で、最近のポップス路線から過去に立ち戻るようなクリスタル・ケイを、再び見せてくれている。カップリングの『Together』は テレビ東京系「トリノ2006」テーマソング。このシングルリリースから2週間後には、『恋におちたら』や『Kirakuni』を収録した6thアルバム『Call me Miss…』をリリースし、5作連続でオリコン初登場2位を記録した。

2007年、1月17日に約1年ぶりとなるシングル『きっと永遠に』(映画『僕は妹に恋をする』エンディング・テーマ)、2月28日に人気アニメ「のだめカンタービレ」エンディングテーマ『こんなに近くで…』を2ヶ月連続リリース。さらに、先行シングル「あなたのそばで」を経て、6月20日に7thアルバム『ALL YOURS』を発売。全曲ラブ・アンセムと銘打った作品で、デビュー以来初めてのオリコン初登場1位を記録した。

2008年3月4日に「劇場版ポケットモンスターダイヤモンド・パールギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ」の主題歌に、Crystal Kayの未発表の新曲『ONE』が決定する。これはCrystal Kay初のアニメ映画主題歌となる。同年3月15日に「SPACE SHOWER Music Video Awards 08」にて、同アワードでは新設となるBEST ONLY SSTV EDITIONを「あなたのそばで "for SPACE SHOWER TV"」で受賞。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

注目の記事

API Calls