Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

ブラジル、São Paulo, São Paulo (2003 ~現在)

カンセイ・ジ・セール・セクシー(Cansei de Ser Sexy、ブラジルポルトガル語で”セクシーで居ることに疲れた”の意)通称CSSは、ブラジル・サンパウロ出身のディスコ・パンク・バンド。英語とポルトガル語の両方で歌う。バンド名の由来は、米歌手のビヨンセが発言した「Got Tired of Being Sexy」をポルトガル語に訳したもの。音楽以外にもクリエイティブな活動に従事しているメンバーが多い。

結成、デビューアルバム 2003年9月に結成。バンドは初め、インターネットを通じて名前を知られるようになる。アドリアーノ・シントラは、サンパウロのアンダーグラウンド・クラブ・シーンで有名な人物だった。ラヴフォックスは、フォトログとFlickrで人気のある利用者だった。結成当時、アドリアーノ以外のメンバーは楽器が弾けなかった。バンドのフォトログは人気になり、トラマ・バーチャル (Trama Virtual 〈MySpaceのブラジル版にあたるウェブサイト〉)に投稿していた曲は頻繁にダウンロードされた。トラマ・バーチャルは、バンドへ大いに投資するようになり、バンドを取材させるためにブラジルとイギリスの記者を招待した。ブラジルの雑誌数誌とイギリスの新聞ガーディアンに記事が掲載された。いくつかの曲はメインストリームで使用され始め、「ミーティング・パリス・ヒルトン」はシンプル・ライフのラテン・アメリカでの放送に使用された。2004年、自主制作でEPを2枚リリース。 2005年、トラマ・バーチャルと契約し、10月にデビューアルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』をブラジルでリリース。合わせてライブ会場とインターネットで7曲入りEP「CSS SUXXX」を販売した。アルバムとEPのレコーディング中に、クラーラ・ヒベイロとマリア・エレーナ・ゼルバがバンドを脱退した。アルバムの限定版バージョンには… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls