Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

フィンランド、Helsinki, Uusimaa (1993 ~現在)

アポカリプティカは、1993年にシベリウス音楽院でエイッカ・トッピネン(Eicca Toppinen)、パーヴォ・ロトヨネン(Paavo Lötjönen)、マックス・リリャ(Max Lilja)、アンテロ・マンニネン(Antero Manninen) の4人が出会い、彼らの好きなメタリカのカバーをチェロで演奏するバンドとして結成された。 同年に行われた学内のイベントでも彼らの演奏は好評を博し、1995年にはテアトロ・ヘヴィメタル・クラブにおいてメタリカのカバーを演奏し、このときの観客の中にゼン・ガーデン・レコードのカリ・ヒュンニネンがおり、演奏後すぐ彼らにデビューの話を持ちかけ、アポカリプティカはデビューすることとなった。

翌1996年にアポカリプティカは、初のスタジオアルバムで、チェロによるメタリカのカバーアルバム、"Plays Metallica by Four Cellos" をリリース。 1998年には Hiili Hiilesma のプロデュースによる2枚目のスタジオアルバム "Inquisition Symphony" をリリース。これにはメタリカのカバーの他にもフェイス・ノー・モア、セパルトゥラ、パンテラのカバー、そしてエイッカ・トッピネンによるオリジナル曲も収録された。

1999年、アンテロ・マンニネンがバンドを去り、代わりにペルットゥ・キヴィラークソ(Perttu Kivilaakso)が加入。 2000年には、全13曲のうち10曲がオリジナル曲で構成される3枚目のスタジオアルバム "Cult" をリリース。 2002年にはマックス・リリャが脱退し、契約レコード会社をヘヴェインへと移籍した。これによりアポカリプティカはチェリスト3人のバンドとなった。

2003年には、全曲がオリジナルである4枚目のスタジオアルバム "Reflections" をリリース。このアルバムは、前作などにみられるアコースティック・スタイルの編曲とは一変した、実験的なサウンドが特徴的である。また、この "Reflections" のうち5曲において… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls