Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

高崎フミヤ は 日本のミュージシャン。群馬生まれ。

2011年 候補1 でデビュー。サイケデリックな独自の世界観と、独特のキャッチーさを備えた楽曲が東京のユニヴァーシティを中心に高い評価を得る。クリーンのエレキギター一本で作られる氏の荒削りなスタイルは当時の音楽シーンに大きな衝撃を与え、一部からは“馬流”と評された。

2012年には 高崎フミヤ e.p. をリリース。多重録音を駆使したサウンドメイキングにより、サイケデリックさはそのままによりエクスペリメンタルで奥行きのある世界観を提示した。

さらに2ヶ月連続リリースで GUN☆MASTAR TAKASAKI を発表。それまで禁じ手であった“歌”を楽曲に取り入れることにより、さらに大衆に開かれたポップネスを持つ新境地を開拓した。オマージュを含む全9曲6分34秒を収録。

2013年には2ndフルアルバム 高崎フミヤのすべて をリリース。

-略歴-
群馬県高崎市出身。
高校時代にバンド インフル捻挫 を結成し、音楽界デビュー。高崎サンバーストを中心に精力的に活動を行っていた。
インフル捻挫解散後、高崎フミヤとしてソロ活動を開始する。そして2011年に突如として“世界の中心に行く”と言い残し、単身上京。群馬の伝統音楽に由来する独特のリズム グンマビート を取り入れた楽曲は、当時の音楽シーンに激震を与えると同時に高い評価を受け、現在では多くのミュージシャンがその影響を公言している。エレキギターでありながら生音のみで演奏するその独特のスタイルは“馬流”と呼ばれ、世界中に多くのフォロワーを生み出した。

2012年には馬流としては初のバンド形態である 高崎フミヤ Experience を結成。活動の幅を広げている。

discography

1st demo(2011)
高崎フミヤ e.p.(2012)
Takasaki Compilation Vol.1(2012)
GUN☆MASTAR TAKASAKI(2012)
高崎フミヤのすべて(2013)

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls