Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

日本、Toyohira-ku, Sapporo, Hokkaido (1969 ~現在)

砂原良徳 (すなはら よしのり、1969年9月13日 -)は、北海道札幌市豊平区出身の日本のミュージシャン。テクノバンド電気グルーヴの元メンバー(1991年~1999年在籍)。

YMOKraftwerkなどの、テクノポップ・ニューウェーブに影響を受け、中学生でシンセサイザーを始める。MODERN TIMES ORCHESTRA、ダッチ楽団、AUTISMなどのアマチュアバンドで活動を開始する。大学受験で単身上京したときに、電気グルーヴの前身「人生」のライブを目撃する。北海高等学校卒業後に札幌のナムコに就職したが後に上京、AUTISMにRe-Reというバンドで活動していた末岡二郎と松沢重信を加え、O-TISMを結成。また後のTRANSONIC RECORDSの前身となるTRIGGER LABELを永田一直らと設立し、電気グルーヴに加入するまでブレーンを務めた。この頃、O-TISMとして電気グルーヴと対バン。上京後はCSK総合研究所の関連会社であったハイパーメディアでサラリーマンを続けつつ(メガドライブ版のギャラクシーフォースの音楽を担当)も平沢進、加藤賢崇などのサポートメンバーを経て、1991年春、かねてから交流のあった石野卓球に渡したデモテープがきっかけとなり、CMJK脱退後の電気グルーヴのメンバーとして同年夏に加入。ほどなくしてハイパーメディアを退社し音楽に専念する。

その後8年間の活動を経たのち、フランスで開催された音楽ビジネスの国際見本市“MIDEM”でのライヴを最後に1999年4月2日付で正式に脱退。 別名義でのリリースやリミックス作品提供など単発的かつ課外活動的なソロワークは多数あったものの、本格的な本人名義のソロ活動の開始は1995年から。それまではアナログシンセサイザーを多数駆使し、Kraftwerkのアルバム『The Mix』の影響が色濃い「往年のテクノポップの要素を取り入れたダンスミュージック以降のテクノ」とも評される作風が特徴だったが、ソロデビュー作『CROSSOVER』ではアナログシンセを敢えて一切封印。サンプリング主体によるモンド・ラウンジ路線の作品を発表し大きな話題を集めた。その傾向は電気グルーヴ本体の活動にも影響を与えている。だが、バンド脱退後に発表したアルバム『LOVEBEAT』ではよりシンプルなエレクトロニック・サウンドに進化した。日本国内のみならずドイツのBungalowレーベルからは全アルバムがリリースされている。その一方、SUPERCARACOなど他アーティストのプロデュース、DJなどでも活躍中… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls