Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

大きいアートワーク

関連のあるタグ

日本のブルース・ロックの牽引役として精力的にツアーを続けながら数々の名盤を残した柳ジョージ & レイニーウッド。ステージで鍛え上げられたそのサウンドが織り成すオリジナル曲や のカヴァー曲は、いずれも彼らの黄金期のサウンドを存分に味わえる名演揃い!

 サム・クックのカヴァー、「A Change Is Gonna Come」で幕を開ける Disc 1 には、ファンの間で不滅の人気を誇る珠玉のバラード、「娘よ… (She's Our Daughter)」、「青い瞳のステラ、1962年夏… (Stella 1962, Summer...)」に加え、スモーキー・ロビンソン & ミラクルズのカヴァー、「You've Really Got a Hold on Me」ほかを収録。Disc 2 にも、往年の柳ジョージ & レイニーウッドの魅力を凝縮したような秀逸のアレンジが施された「Tennessee Waltz」のカヴァー、ウィルソン・ピケットの「634-5789」のカヴァー、柳自身のペンによる「Bright Light in the City」等、彼らのセットリストの定番だった楽曲を始めとする秀作ナンバーが並んでいる。

トラックリスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls