Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1961年 3月 31日 (59 歳)

  • 出身地

    Shinjuku, Tokyo, 日本

戸川 純(とがわ じゅん、1961年3月31日 - )は、日本の歌手・女優である。本名:戸川 順子(とがわ じゅんこ)。東京都新宿区出身。関東学院大学中退。女優であった戸川京子は実妹。

小学校在学中に、新国劇「王将」に子役として舞台に上がる。女優としては1980年にTBSのテレビドラマ、水曜劇場「しあわせ戦争」でデビュー。「ヤマハエレクトーン」のCM出演を経て、1982年9月に衛生設備メーカー「TOTO」の発売した画期的な新製品「ウォシュレット」のCM・キャラクターに起用され、話題を呼び注目を集めた。

ボーカリストとしては、1982年6月に、細野晴臣プロデュースで「ゲルニカ」の『改造への躍動』でアルバム・デビュー。1983年5月にはバンド、「戸川純とヤプーズ」名義(後にヤプーズと改名)でライブ・デビュー。ボーカルを担当し、そのサイケな世界観と圧倒的なライブパフォーマンスで話題になる。1984年にアルバム『玉姫様』でソロ・デビュー。シュールで独特な感性を活かし、以降は作詞も行う。その後も、アンダーグラウンドシーンの歌姫として、長きに渡り様々なバンドでボーカルを務める。代表曲は『玉姫様』、『レーダーマン』、『夢見る約束』、『隣りの印度人』など。『星の流れに』、『東京の花売娘』といった往年の流行歌を歌うこともあった。

また、いくつかのCDではライナーの執筆も手がける。日本のアンダーグラウンドにおいては、女性ボーカリストとしてPhew(フュー)と双璧を成す。また後にPhewの楽曲「終曲(フィナーレ)」をホッピー神山のアレンジでカヴァーする。近年はヤプーズ以外にも「MOST」の山本久土との「東口トルエンズ」(現在は休止)やギミギミギミックス(戸川純(Vo)、ブラボー小松(G))、筋肉少女帯・特撮の三柴理(Pf)とのゴルゴダ(ライブ活動のみ)など、新たなユニットでライブ活動を行う。

また、女優としても、その個性を活かしたテレビドラマでの特異な役柄や、『パラダイス・ビュー』『ウンタマギルー』のような先鋭的なインディーズ作品への出演、また松竹映画のメジャー作『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』の両作に出演など、活躍。近年は、舞台を中心として活動している。

現在はメジャーではテイチクエンタテインメイテントとソニー・ミュージックダイレクトの2つのレコード会社に所属してるが、最近はいぬん堂というインディーズレーベルで作品は出していないが、ヤプーズと共にライブ中心に活動している。

2006年2月22日に完全限定生産でゲルニカのデビューアルバム『改造への躍動』、ソロ作品『玉姫様』から『好き好き大好き』、妹の京子のアルバム『B.G』などアルファレコード時代のアルバムがソニー・ミュージックダイレクトより紙ジャケットとして、ライブビデオ『玉姫伝』がDVDで復刻版として再発売された。

2007年、足と腰を負傷して、入院。退院はしたが、現在まだリハビリ中。また、同年12月23日よりウェブラジオサイト「オールニートニッポン」より、パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」の代表人月乃光司と共にウェブラジオ「ハート温泉」のパーソナリティを勤めていた(2008年12月末をもって放送終了)。

2008年2月20日には、25年の芸能生活を統括した本人選曲による3枚組ベストアルバム『TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST & RARE 1980-2007』をリリースする予定だったが延期、戸川によると版権問題が大変な事になり延期したと語る。発売日は7月9日へ発売延期。その代わりか、2006年に発売した『玉姫様』『改造への躍動』がアンコール・プレスとして3月13日に、前回と同じ仕様で再発売された。

2009年、初の小説を執筆。また、詩集の刊行が予定されている。

2016年、ブルータル・オーケストラバンドVampilliaと共に「戸川純 with Vampillia 」として戸川純のこれまでの名曲のカバーに加え、表題曲である新曲「わたしが鳴こうホトトギス」が追加されたアルバム「わたしが鳴こうホトトギス」発売。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

注目の記事

API Calls