Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

「大阪の女」(おおさかのおんな)は、島谷ひとみが1999年7月28日にavex traxより発売したデビューシングル。『紳助の人間マンダラ』(関西テレビ)の企画で島田紳助がプロデュースし、紳助が詞を、高原兄(元アラジン)が曲を提供した演歌である。
元々は、当時とんねるずの番組スタッフで結成された「野猿」がヒットしたこともあり、紳助の友人たちで作ったコーラスユニット「廣部吉行と六甲アイランズ」に提供した楽曲だった。同ユニットのメンバーには紳助のバイクチームのライダー・千石清一をはじめ、日本旅行支店長、南海部品課長、中古車販売会社社長などがいた。番組では1000枚売れなかったら即刻解散、ということでCDを発売したが、瞬時に完売したため、500枚を増刷した。それもハイペースで売れていったため、200枚を売った時点で販売を止め、残った300枚を1000枚の残りという事にし「700枚しか売れなかったので解散」と理由づけた。
島谷のシングルは、オリコンの演歌チャートで初登場1位となった。デビュー曲での同チャート初登場1位は、1986年の城之内早苗「あじさい橋」、1998年の中澤裕子(中澤ゆうこ名義)「カラスの女房」に続いて3作目となるが、前の二人はアイドルとしての前歴があり、純粋な新人は島谷が初めてである。シングルの発売当時、『水曜どうでしょう』(HTB)のエンディングにて、不特定の(多くの曲の中の)1曲として流された事があった。
デビュー曲として島谷の原点となる曲であり、それゆえ島谷はよく大阪出身と間違えられたという。長らくアルバム未収録で、シングルも廃盤になり入手困難となっていたが、2013年にリリースされた島谷のベストアルバム『15th Anniversary SUPER BEST』の初回生産限定盤に初収録された。また長らく島谷のライブで歌われることも無かったが、2013年に厳島神社で開かれたスペシャルライブで初めて演じられ、島谷は「この曲が似合う年頃になったんだなと思うと感慨深いです」と笑った。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls