Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

Kobe, Hyogo, 日本 (1949 – 1998)

大村 憲司(おおむら けんじ、1949年5月5日 - 1998年11月18日)は、日本のギタリスト、作曲家、アレンジャーである。

兵庫県神戸市出身。甲南高等学校を卒業後、1969年ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストのロック部門で優勝。1970年にアメリカに渡り、フィルモア・ウェストのステージに立つ。1971年帰国し、上智大学国際学部へ入学する一方、赤い鳥に参加。1973年に赤い鳥を脱退し「エントランス」を結成。1976年、「カミーノ」結成。1980年、YMOのサポートギタリストとして国内およびワールドツアーに参加。晩年は柳ジョージのツアーに参加。またその卓越したギターテクニックや知識により『ギターマガジン』のエレクトリックギターのレビューを担当。ギターを知り抜いた男として試弾きしインタビュー形式で適切な評価を与えた。

1998年11月18日、肝臓病(アルコール性肝炎)で死去。享年50(満49歳没)。

都内で行われた葬儀には、山下達郎、Char、村上秀一など縁のミュージシャン達が参列し、故人の突然の死を悼んだ。特にベーシストでプロデューサーの後藤次利の男泣きの姿が印象的であった。会場には大村が長年愛用していたクリーム色のフェンダー・ストラトキャスターが置かれたいた情景が何とも言えない悲しさを誘った。彼の死後「外人天国」や「KENJI SHOCK」などのオリジナルアルバム作品は紙ジャケットCD版で限定再発売されファンへのささやかな贈り物となった。

1998年12月、渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて大貫妙子の「PURE ACOUSTIC CHRISTMAS」コンサートに参加予定であったが、大村の死により翌年3月に延期(振り替え公演の際のギタリストは山弦の小倉博和)。大貫は大村の死にショックを隠せなかったと後の振り替え公演・ステージ上で語った。

ディスコグラフィ

* 『ファーストステップ』 * 『KENJI-SHOCK』 * 『春がいっぱい』 * 『外人天国』 * 『Left-Handed Woman』 * 『Leaving Home』

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls