Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

関連のあるタグ

日本、Amami, Kagoshima (1954 ~現在)

南 沙織(みなみ さおり、1954年7月2日 - )は、日本の元アイドル歌手。本名:篠山 明美(旧姓:内間)。 沖縄県出身。夫は写真家・篠山紀信。三児の母。二男は俳優の篠山輝信。 デビュー時は母親の郷里、鹿児島県(奄美大島)生まれとされたが、実際は生まれも育ちも沖縄県。 また長年、フィリピン人とのハーフであるとされてきたが、正しくは両親とも日本人、母の再婚相手(義父)がフィリピン人である。 生育環境から所謂バイリンガルである。異父妹弟がいる。

歌手デビュー以前、地元沖縄で琉球放送の視聴者参加型のど自慢テレビ番組『オキコワンワンチャンネル』『100万人の大合戦』などでアシスタントのアルバイトをしていた。 その頃東京では、CBS・ソニーがデビューさせる新たな人材を探していた。 ある時、琉球放送のテレビ番組にゲスト出演した男女デュオ・ヒデとロザンナのマネージャーが持ち帰った南の写真が偶然関係者の目にとまり、急遽、東京に呼び寄せることとなった。

1971年の春、本土復帰前の沖縄から母親と二人で上京。 CBS・ソニー社長との顔合わせを経て、デビューに向けたプロジェクトが開始された。 レコード・デビューまでわずか3ヶ月足らず。 そして「詩心を大いに刺激した」という南のために書かれた詞の中から、「17才」がデビュー曲として採用され(タイトルは酒井政利による)、6月1日に「ソニーのシンシア」のキャッチフレーズを持って歌手デビュー。約54万枚の大ヒットとなった。

デビュー時の南沙織のインパクトについては、写真家・篠山紀信が「彼女の登場は、返還を目前とした沖縄のイメージ・アップのための国策歌手かと思ったくらい良かった」と述懐している。 のちに音楽プロデューサー・酒井政利は「そのタイミングは、南沙織が持つ気運のひとつであったのではないか」と著書で書き記している。 また、「世代的共感を歌うアーティストの始まり」「日本におけるアイドルの第1号」「元祖アイドル」と評価されることもある。 1971年暮れの第13回日本レコード大賞で新人賞を受賞。 さらに、デビューしたその年にNHK… もっと読む

人気トラック

人気アルバム

似ているアーティスト

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

トップリスナー

API Calls