Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

伊藤 蘭(いとう らん、1955年1月13日 - )は、日本の女優、ナレーター、元歌手であり、元キャンディーズのメンバーである。本名、水谷 蘭(みずたに らん)。旧姓、伊藤。
東京都武蔵野市吉祥寺出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。所属事務所はトライサム。夫は俳優の水谷豊、娘は女優の趣里。

《人物》
名前は蘭の花が好きだった祖父が命名した。父方の曾祖父は、第15代広島市長・伊藤貞次(1878年 - 1943年、新潟県岩船郡出身)。 1973年3月、日本大学第二高等学校卒業後、1973年4月、日本大学芸術学部演劇学科に進学。

《来歴》
1969年に渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。入学後、スクールメイツのメンバーに選抜される。同期生には田中好子・太田裕美らがいた。

1972年にNHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに田中好子・藤村美樹とともに合格。この3人組はキャンディーズと命名され、マスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び、代理音合わせなど)として活動。なお、キャンディーズの名前の由来は、NHKの当時のプロデューサーの「食べてしまいたいくらいかわいい」という想いから。

1973年9月1日には、田中好子(ニックネームはスーちゃん)、藤村美樹(ニックネームはミキちゃん)と共にキャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(ニックネームはランちゃん)。当初はスーがリードボーカルを担当していたが、伊藤蘭をイメージして作られた5曲目のシングル「年下の男の子」以降から殆ど、ランがセンター位置のリードボーカルを担当した(但し「わな」のみセンターがミキ、スーは右位置に移動した)。これは当時のマネージャー諸岡義明の提案によるものである。コーラスパートはソプラノ。また歌手活動のほかに『新春かくし芸大会』『8時だョ!全員集合』『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』などのテレビ番組で見せたコミカルな一面も人気を呼んだ。

1977年以降、一部自分だけがソロで歌う歌の作詞、そのうちの大部分の作曲をした。主な作品に、「つばさ」「アンティックドール」「黄色いカヌー」「へそまがり」「恋がひとつ」「今日から私は」「鏡の中で」「MOONLIGHT」「ろうそくの灯に」「ささやき」「悲しみのヒロイン」などがある。このうち「つばさ」は翌年のキャンディーズ解散コンサートの最後に歌われた曲であり、シングルカットもされた。(本人はシングル化されることには反対だった模様)

1977年7月17日、日比谷野外音楽堂でのコンサート中、突然キャンディーズの解散を宣言。その最中、伊藤が泣き叫びながら発言した「普通の女の子に戻りたい!」は、当時流行語ともなった。翌1978年4月4日のキャンディーズ解散コンサートと同時に芸能界を一時引退するが、後に復帰し女優業に専念。

1979年5月18日午後11時半頃に杉並区天沼の八万通りを歩行中に後ろから来た乗用車にはねられ全治10日の怪我。車はそのまま逃走した。

1980年(昭和55年)映画『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督・作)に主演して本格的に女優復帰。

1981年(昭和56年)には夢の遊眠社の『少年狩り』(野田秀樹作・演出・主演)に出演。以降、同劇団の舞台に主演。座友的立場での客演を続ける。

1989年に俳優の水谷豊と結婚。翌1990年、長女の趣里(しゅり、2011年に女優デビュー)を出産。近年はナレーション業もこなしている。

2008年9月24日に『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに岸惠子からの紹介で出演したが、その日が6500回を超える同コーナーへの初出演だった。

キャンディーズの解散後もメンバーだった藤村と田中とは定期的に会っており、3人の交流は田中が亡くなるまでずっと変わることなく続いていた。

2011年4月21日に田中が乳がんで死亡。伊藤は藤村と共に病室で7時間過ごして田中の最期を看取ったことを、田中の通夜のインタビュー(囲み取材)で明らかにした。25日に行われた田中の葬儀では藤村とともに弔辞を読んだ。
2019年3月14日に41年ぶりに音楽活動を再開することが発表され、ソロ歌手としてデビュー。5月29日にソニー・ミュージックダイレクトよりオリジナル・アルバム『My Bouquet』(マイ・ブーケ)をリリース。6月に『伊藤 蘭 ファースト・ソロ・コンサート2019』をTOKYO DOME CITY HALLとNHK大阪ホールにて開催する。

《ディスコグラフィー
ひとりじゃないの(feat. 石川ひとみ、伊藤蘭、太田裕美、大島花子、桑江知子、サエラ、ザ・リリーズ、ラヴァーズソウル、広谷順子、中尾ミエ、松本明子、michiko、山下久美子) 作詞:小谷夏/作曲:森田公一/歌・演奏:Mプロジェクト
東日本大震災復興支援チャリティーソング、ネット配信でのみ発売(2011年5月25日配信開始)

《出演作品》
映画
ヒポクラテスたち(1980年) - ヨコハマ映画祭助演女優賞
男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980年) - 「土佐の一本釣り」(ヒロイン役:田中好子)と二本立てだった
俺とあいつの物語(1981年)
少年H(2013年) - 妹尾敏子 役 - 日刊スポーツ映画大賞助演女優賞
くじけないで(2013年) - 柴田静子 役
祈りの幕が下りる時(2018年) - 田島百合子 役

テレビドラマ
テレビドラマ日曜劇場(TBS)
 春のささやき(1980年3月、HBC) - 坂井伸子 役
 三年たって、恋(1980年12月) - 礼子 役
 よっこらショ(1981年7月) - 加代 役
 いつの日か驢馬に乗って(1981年12月) - 柴田早苗 役
 演歌(1984年2月、RKB) - 加恵 役
 あの島まで(1984年10月、MBS)- 八代カオル 役
 ダイヤモンドのふる街(1987年3月、HBC)- 岡田 役
 別れてください(1991年8月、RKB)- 坂上けいこ 役
 グッドニュース(1999年4月-6月)- 黒沢早苗 役
 誰よりもママを愛す(2006年7月-9月)- 嘉門 千代役
港町純情シネマ(1980年4月-7月、TBS、金曜ドラマ) - 川辺邦子 役
土曜ナナハン学園危機一髪「グッバイ・ミュージック・メイト」(1980年9月、CX) - 野口聖子 役
ドラマ人間模様(NHK)
 万葉の娘たち(1981年1月-2月) - 美並礼子 役
 ある少女の死(1981年6月-7月) - 千尋 役
裸の大将放浪記 第6話「嘘をつくと舌を抜かれるので」(1981年8月、KTV)- 桜 役
遙かなり、マイラブ〜娘たちの戦後(1981年8月、TBS)- 湯浅昭子 役
飾りのついた麦わら帽子(1982年1月、CX) - 加代 役
木曜ゴールデンドラマ(YTV)
 女のがん病棟(1982年2月、NTV) - 敏子 役
 罪なき者の罪(1989年3月、近代映画協会)- 滝洋子 役
横浜物語(1982年2月、NHK、土曜ドラマ五木寛之シリーズ)- さえ(女子大生) 役
ある晴れた日に(1982年4月-9月、ANB)- 佐野林子 役
君は海を見たか(1982年10月-12月、CX)
あんちゃん(1982年10月-1983年4月、NTV) - 田野中徳子 役
事件記者チャボ!(1983年11月-1984年5月、NTV) - 一之江ツル役
迷惑かけてありがとう(1984年6月4日-24日、NHK「銀河テレビ小説」) - 藤吉サチ子 役
オレゴンから愛シリーズ(CX)
 オレゴンから愛(1984年10月-12月) - 島津陽子 役
 オレゴンから愛'85(1984年8月)- 島津陽子 役
 オレゴンから愛'86(1986年8月)- 宮内陽子 役
 オレゴンから愛'87(1987年8月)- 宮内陽子 役
 オレゴンから愛'88(1988年8月)- 宮内陽子 役
誇りの報酬 第25話-第49話(1986年3月-9月、NTV/東宝)- 結城緑 役
女たちの森(1987年1月、ANB/PDS)- 滝沢みずほ 役
金曜女のドラマスペシャル「もう一人の乗客」(1987年6月、CX)- 香原由美 役
ザ・ドラマチックナイト「消しゴムお亜季 5」(1987年11月、CX)- 今野弘美 役
月下美人殺人事件(1987年11月、KTV/映像京都、京都サスペンス)- 戸村加代子 役
花嵐の森ふかく(1988年7月-9月、NTV)- 昭元千代子 役
うさぎの休日(1988年12月、NHK)- 平山一枝 役
バンコク反乱支社(1989年1月-2月、ANB/オフィス・トゥー・ワン、シリーズ・男の決断)- さかもと涼子 役
京都グルメ旅行殺人事件(1989年9月、CX/東映、男と女のミステリー)小早川由美 役
寝台急行まりもの女 (1989年10月、TX、月曜・女のサスペンス 女流作家シリーズ)- 横倉順子 役
火曜サスペンス劇場(NTV)
 「松本清張スペシャル・捜査圏外の条件」(1989年7月4日、松竹・『霧』企画)- 八代正子 役
 「殺意の爪」(1989年8月、エイジェント21)- 主演・木部比呂子 役
 「完全犯罪研究室」(1990年4月、にっかつ撮影所) - 主演・山城和子 役
 「黄金を抱いて翔べ」(1991年4月2日、NTV映像センター) - 主演・中谷磯子 役
 「深夜の偶然」(1991年12月、東映)- 三吉和佳子 役
 「望遠鏡の中の女」(1992年11月、IVSテレビ制作)- 主演・池村美枝子 役
 「懐かしい骨」(1993年1月、出海企画)- 主演・矢田早紀子 役
 「恋文」(1994年6月、6月の花嫁3)- 主演・秋本遥子 役
 「尽くす女」(1996年9月、ユニオン映画)- 主演・遠藤初江 役 
 「祭りの記憶」(1996年9月)- 主演・北川美里 役 
 「身辺警護官」(1998年4月)- 中原涼子 役
 「淫らなやつら」(1999年4月)- 浅見久美子 役
 「九門法律相談所(11)出世払い裁判」(1999年、日本映像)
 「逆転有罪」(2000年2月、東阪企画)- 江崎麻子 役
 「弁護士・朝日岳之助15・北上川殺人暮色」(2000年9月、国際放映)- 宮原有紀子 役
 「切り裂かれた天使」(2001年8月)- 長井紘子 役
 「妻殺し」(2005年8月)- 五味早苗 役
 「ドクターヘリ 救急外科医 若月灯子」(2005年8月)- 若月灯子 役
奇兵隊(1989年12月、NTV/ユニオン映画、年末時代劇スペシャル)- うの 役
京都三船祭り殺人事件(1991年11月、CX、金曜ドラマシアター)- 中村由紀子 役
狙われたプライバシー(1993年5月、KTV/東宝、ドラマサスペンス・明日の13章)- 主演・沢島美弥子 役
土曜ワイド劇場(ANB→EX) 「越後親不知・死を招くファインダー」(1991年2月)- 石野亜矢子 役
 「京都・博多殺人事件」(1992年9月、東映)- 沢木麻沙子 役
 「京都・浜名湖殺人事件」(1993年8月、東映)- 沢木麻沙子 役
 「京都・徳島平家伝説殺人ツアー」沢木麻沙子シリーズ1(1993年12月、東映)- 沢木麻沙子 役
 「京都・浜名湖殺人事件」沢木麻沙子シリーズ2(1993年8月)- 沢木麻沙子 役
 「京都・徳島平家伝説殺人ツアー」沢木麻沙子シリーズ3(1993年12月)- 沢木麻沙子 役
 「京都・グアムミステリーツアー」沢木麻沙子シリーズ4(1995年4月、東映)- 沢木麻沙子 役
 「タクシードライバーの推理日誌11・亡霊殺人!」(1999年6月、総合ビジョン) - 山崎夕子 役
 「女刑事ふたり1 眠れる殺意」(2002年9月、)- 一色操警部補 役
 「女刑事ふたり2 赤い月連続殺人!!」(2008年3月)- 一色操警部補 役
金曜エンタテイメント(CX)
 また家族にしてね(1996年5月)- 高木妙子 役
 無医村に花は微笑む(2006年1月)- 将基面春代 役
三姉妹探偵団(1998年3月、NTV)- 吉沢君代 役(第9、10話)
プロデューサー麻生一平の事件ファイル(1998年12月、TBS、月曜ドラマスペシャル)- 中嶋遙香 役
御家人斬九郎 第4シリーズ 第8話「狙われた女」(1999年3月、CX / 映像京都) - 美津 役
バカヤロー!2000 ニッポン人の怒りが爆発する!!「前向きが何だ!」(2000年3月、NTV/光和インターナショナル)- 多治見寛平の妻 役
太陽は沈まない(2000年4月-6月、CX)- 伊勢谷晃子 役
女と愛とミステリーシリーズ(BSジャパン/TX/ユニオン映画)
 第30回 夏の旅情サスペンス「みちのく祭り殺人行 〜死んだ妻からの電話」(2001年8月)- 長崎秋子 役
 第40回 夏西村京太郎サスペンス「脅迫者 〜平凡な下町主婦を襲う恐怖」(2001年10月)- 野村国子 役
 第60回 渡哲也サスペンス「絆」(2002年3月)- 弓丘奈緒子 役
鉄道員(ぽっぽや)/青春編(2002年1月、ANB/東映)倉沢清乃 役
狼女の子守唄(2002年12月、TBS、月曜ミステリー劇場)- 三神明子 役
はぐれ刑事純情派 新春スペシャル(2003年1月、ANB/東映)- 北見沙織 役
こころ(2003年3月-9月、NHK、「連続テレビ小説」)- 末永美佐子(母) 役
新しい風(2004年4月-6月、TBS/DREAMAX TELEVISION)- 柴田雪乃(料亭女将) 役
第4回文芸社新春ドラマスペシャル「おばあさんの反乱 ?遺産はだれのモノ?」(2005年1月、EX)- 加納芙佐子 役
シナリオ登竜門2004優秀賞受賞作品「目の鱗、ぽろり」(2005年3月、NTV)- 釘宮澄恵 役
西遊記(ドラマ)第三話(2006年1月、CX)- 三蔵法師の母・恵泉 役
愛と死をみつめて(2006年3月、EX) - 大島都子 役
月曜ゴールデン「ベビーシッターの危険な好奇心」(2007年11月12日、TBS)- 多岐川花 役
フルスイング(2008年1月-2月、NHK) - 高林路子 役
千の風になって ドラマスペシャル「死ぬんじゃない!?実録ドラマ・宮本警部が遺したもの?」(2008年2月15日、CX) - 宮本礼子 役
学校じゃ教えられない!(2008年7月-9月、NTV) - 影山盟子 役
風のガーデン(2008年10月-12月、CX) - 内山妙子 役
旅する夫婦(2010年10月2日、CBC) - 小林里江 役
木曜ドラマ DOCTORS〜最強の名医〜シリーズ(EX)
 DOCTORS〜最強の名医〜 第1シリーズ(2011年10月-12月) - 皆川和枝 役
 DOCTORS〜最強の名医〜 第2シリーズ(2013年7月-9月) - 皆川和枝 役
 DOCTORS〜最強の名医〜 第3シリーズ(2015年1月-3月) - 皆川和枝 役
父の花、咲く春〜岐阜・長良川幇間物語〜(2013年4月3日、NHK BSプレミアム) - 辻美知子 役
「黄金のバンタム」を破った男〜ファイティング原田物語〜(2014年2月22日、CX) - 原田ヨシ 役
金曜プレステージ「森村誠一サスペンス 流氷の夜会」(2014年8月1日、フジテレビ) - 神保智美 役
経世済民の男 第三部『鬼と呼ばれた男〜松永安左エ門』(2015年9月19日、名古屋放送局) - 松永一子 役
ほんとにあった怖い話 「どこまでも憑いてくる」(2015年) - 鈴木素子
サスペンス特別企画「仮釈放の条件 出口の裁判官 岬真斗香」(2016年3月13日、テレビ東京) - 岬真斗香 役
メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断(2016年10月-12月 、KTV) - 岩倉葉子 役
4号警備(2017年、NHK総合) ‐ 熊田典子
あまんじゃく(2018年9月24日、テレビ東京) - 花井環 役

Webドラマ
ミス・シャーロック/Miss Sherlock(2018年4月27日 - 、Hulu×HBOアジア) - 波多野君枝 役

《その他の番組》
人生の楽園(2000年10月-2008年12月、テレビ朝日) - ナレーション
Comfortable Time 〜素敵なひととき〜(2006年4月-2007年3月、毎日放送) - ナレーション
うたの細道(2011年10月- 、BS-TBS) - ナレーション
他多数

《ラジオ》
伊藤蘭 通りすぎる夜に(1980年4月 - 1982年3月、ニッポン放送)
サントリーシアター ゼロアワー「流れる」(2004年6月、J-WAVE)
FMシアター(NHK-FM) 「はるさんの日記」(2006年1月)
「春にして君を離れ」(2008年7月)
「真昼の流れ星」(2014年6月)

《舞台》
少年狩り(1981年3月、夢の遊眠社)
ゼンダ城の虜(1981年10月、夢の遊眠社)
怪盗乱魔(1982年2月、夢の遊眠社)
アップル・ツリー(1982年4月 - 5月)
リボンの騎士(1983年7月、劇団電劇)
十二夜(1987年11月 - 12月)
ミュージカル ザ・近松〜恋の手本となりにけり(1999年2月)
シェイクスピア・ソナタ(2007年8月 - 9月、シアター・ナインス)
探偵〜哀しきチェイサー (2009年4月)
怪談 牡丹燈籠(2009年8月、シス・カンパニー)
東京月光魔曲(2009年12月 - 2010年1月)
シダの群れ(2010年9月 - 10月)
血の婚礼(2011年7月、Bunkamura)
悼む人(2012年)
祈りと怪物(2013年)
祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜(2013年1月-2月、Bunkamura)
太陽2068(2014年7月-8月、Bunkamura)
青い瞳(2015年11月、Bunkamura)
ラヴ・レターズ (2016年8月4日、パルコ劇場) - メリッサ 役
子供の事情(2017年7月 - 8月、シス・カンパニー、新国立劇場) - ヒメ 役

《CM》
ライオン エチケットαライオン (1980年)
スズキ 蘭 (1983年)
旭化成酒類事業部(現在はアサヒビールへ移管) ハイリキLight&Mild (1995年) 「♪甘ったれは卒業しようよ〜」のフレーズでも話題になった。なお夫の水谷豊は、姉妹品のハイリキチューハイのCMに出演していた。
カネボウ化粧品(1999年)- 水谷豊と夫婦として共演。
ポッカ ファーストドリップブラック
サントリー エファージュ(2011年)
JR西日本「おとなび」(2014年- )

《受賞歴》
第2回ヨコハマ映画祭 助演女優賞(『ヒポクラテスたち』・1981年)
第19回ゴールデン・アロー賞 新人賞(演劇)(1982年)
第26回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞(『少年H』・2013年)
第23回日本映画批評家大賞 助演女優賞(『少年H』・2014年)
第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞 60代部門(2015年)

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

似ているアーティスト

注目の記事

API Calls