Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

“MOLOKO(モロコ)”…ロシア語で“ミルク”の意味。映画『時計じかけのオレンジ』に登場する言葉から取られたもの。

1961年生まれのマーク・ブライドンと、1973年ダブリン生まれのキュートな女性ロイシーン・マーフィーによる2人組。キャロン・ウィーラー(ソウルⅡソウルの初代ヴォーカリスト)のソロ・デビュー作『UKブラック』への参加や、ボーイ・ジョージのプロジェクトであるジーザス・ラヴズ・ユーとの仕事、またイレイジャー、エリックB&ラキム他のリミックスなど数多くのスタジオ・ワークをこなしてきたマークと、逆に音楽的キャリアの全くない単なるパーティー大好き少女だったロイシーンが1994年にとあるクラブ・パーティーで出会う。ロイシーンがその夜連発していた“Do you like my tight sweater?”(私のぴっちぴちのセーターいいでしょ?)というフレーズを気に入ったマークが彼女を誘い出してそのままスタジオに直行、モロコが誕生した。ちなみにロイシーンの発したそのフレーズ“Do you~?”がそのまま彼らのデビュー・アルバムのタイトルになっている。

1995年にUKエコー・レーベルから 「Fun For Me」、「Where Is The What If The What Is In Why?」の2枚のシングルを発表、そのなんとも不思議な音楽性でクラブ・シーンの注目を集める。その直後にデビュー・アルバムをリリース(日本発売は翌年1996年頭)。シングル「Fun For Me」は、映画『バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲~』のサウンドトラックに収録され、全米のクラブ・チャートを上昇した。1997年にリリースされクラブ・シーンの話題をさらったロニ・サイズ/レプレザントの歴史的名盤「シェア・ザ・フォール」に彼らのデビュー・アルバムに収録の楽曲「Boo」がサンプリング使用され、新しい音好きのコアな若者達の間で一気に評価が高まった。

その後1998年9月に2ndアルバム『I AM NOT A DOCTOR』をリリース(日本発売1998年9月2日)。過去に数々のリミックス・ヴァージョンをリリースしてきた彼らだが、同アルバムの7曲目に収録のナンバー「Sing It Back」のリミックスにより、翌年に一躍トップ・アーティストの仲間入りをすることになる。同曲は1999年の春に、複数のドラム・ン・ベース&ハウス・リミキサーによってリミックスされたが、中でもドイツの人気リミキサーのボリス・ドゥルゴッシュによるハウス・リミックス・ヴァージョン(Boris Dlugosch Musical Mix)がクラブを中心にスーパー・ヒットとなった。米ビルボード誌のクラブ・プレイ・チャートで2週連続の1位(7/3、10付)、英ミュージック・ウィーク誌のダンス・チャートで1位(9/4付)、同インディ・チャートでは3週連続の1位(9/4、11、18付)を獲得したのをはじめ、ヨーロッパ各地のチャートを席捲し、世界的にMOLOKOの名前を知らしめる結果となった。同時にビデオ・クリップもボリスのヴァージョンをベースに作られ、妖しくそしてキュートに舞うロイシーンの姿が話題となり、こちらも世界中のTV音楽番組でヘヴィー・プレイされることになった。(なお、米ビルボード誌の1999年年間チャートにおいても、「Sing It Back」は15位を記録)

こうして一躍メジャー・シーンに浮上したMOLOKOは、その後各所で注目を浴びることになる。1999年10月には、ヒップホップ界の重鎮プリンス・ポールの新ユニット“ハンサム・ボーイ・モデリング・スクール”のアルバムにゲスト参加。同アルバムには超大物アーティストらが多数ゲスト参加しているが、それに肩を並べ、楽曲「The Truth」ではソング・ライティングとヴォーカルでロイシーンが参加した。そして同曲は、UKアシッド・ジャズ/ソウル界の最重要人物ジャイルス・ピーターソンが選曲したコンピレーション・アルバム『INCredible Sound of Gilles Peterson』にも収録されることになった。更にエイベックス社の大ヒット・ノンストップ・ミックス・シリーズ『EMMA HOUSE 2000』に、「Sing It Back」が目玉楽曲の一つとして収められた。

続く3rdアルバム『THINGS TO MAKE AND DO』は2000年3月に発売された(UKでは4月)。同アルバムからは、「The Time Is Now」、「Pure Pleasure Seeker」、「Indigo」の3枚のシングルがリリースされ、その勢いはアルバム発売から約1年後にも落ちることがなく、アルバムはUKでプラチナ・ディスクを記録した。

2000年はまさにMOLOKOの年であったが、それを表すかのように、2001年頭に開催されたUKの音楽の祭典“BRIT AWARDS 2001”では、British Group、British Dance Act、Best British Video、British Singleのなんと4部門にノミネートされ、単なる‘ダンス・アーティスト’ではなく‘ポップ・アーティスト’としても非常に高い評価を受けていることを証明した。

2001年に入り、ヴォーカルのロイシーン・マーフィーはドイツの人気プロデューサー/リミキサーであるボリス・ドゥルゴッシュ(前述のように、「Sing It Back」、いやMOLOKO自体の世界的な成功は彼のリミックスによるところが大きい)とコラボレーション。シングル「Never Enough」にヴォーカリストとして参加するなど、ロイシーンのソロの動きがより活発に。そろそろMOLOKOとしての新作が気になっていたところ、同じく2001年にリミックス・アルバムをリリース。シングル・リリースの度に数多いリミックス・ヴァージョンを発表、常に話題を提供してきたモロコだが、この作品には1995年から2000年までに制作されたリミックスの中から、特に厳選されたものを収録。当時では既にほぼ入手不可能な初期の貴重な音源が収録されているだけではなく、本国UKでもプロモーション用アナログ盤のみにしか収録されていなかったヴァージョン、更には過去にプロモーション盤はおろか世に全く出ていなかった未発表音源まで多数収録。参加リミキサーは、フランソワ・ケヴォーキアン、ムース・T、ロビー・リヴェラ、トッド・エドワーズ、アシュレイ・ビードル、ソルト・シティ・オーケストラ、キャン・7、DJ・クラスト、オスカー・Gなどなど超豪華! 2枚組のCDにたっぷりと23曲(内2曲は日本盤CDのみのボーナス・トラック)収められた。

その後一時巷には“MOLOKO解散説”が流れた事もあったが、2003年に彼らは素晴らしい新作を引っ提げシーンにカムバック。アルバム・タイトルは『STATUES』。実はこの作品、2002年の夏には既に完成していたのだが、あまりのアルバム全体の素晴らしい出来上がりに、所属のエコー・レーベルのスタッフが「きちんとマーケティング期間を長く取って大事に売って行きたい」と、敢えて発売を翌年まで延ばしたものである。先行シングル「Familiar Feeling」をアルバムに先駆け2月に発売。その後も「Forever More」、「Cannot Contain This」などシングル・ヒットを連発した。

 その後MOLOKOとしての活動は事実上止まってしまったが、2005年にはロイシーンが、UKのトップ・プロデューサーであるマシュー・ハーバートのプロデュースにより待望のソロ・アルバム『Ruby Blue』をリリース。シーンにおける重要人物2人のこのコラボレーションが話題にならないはずもなく、ロイシーンは自身のソロ・キャリアを更に飛躍させた。

 同じく2005年、4thアルバム『STATUES』の収録曲であった「Forever More」がUKにてブートレグ・リミックス(Balearic Soul Remix)され、ダニー・クリヴィット、ルイ・ヴェガ、ジョー・クラウゼルら人気DJ達により2006年に入った今でもヘヴィー・プレイされ続けている。そんなMOLOKO再熱の中で今回発売される最新作品が、MOLOKO初のベスト・アルバムとなる『CATALOGUE』である。“シングル集”と“ライブ音源”からなる豪華CD2枚組での発売だ。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

API Calls