Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下
却下

As your browser speaks English, would you like to change your language to English? Or see other languages.

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

Wiki

  • 再生時間

    3:37

1998年にケイブから発売されたシューティングゲーム「弾銃(だんがん)フィーバロン」のステージ1で演奏される音楽である。

このゲームは弾幕系シューティングではあるものの、その弾数は少なめで、しかも弾の速度が早いため、そういった意味では従来のシューティングゲームに近い形となっている。またゲームタイトルからも想像できるように、全体に妙にハイテンションなふざけた雰囲気で、音楽もそれに合わせて70~80年代のディスコ風BGMで構成されているのが特徴である。

この楽曲では、GXSCCのOPLLモード、SCCモードでそれぞれ順に演奏した後、両者をミックスして演奏するという制約音源楽曲(チップチューン)の風上にもおけない暴挙を行っている(音を重ね合わせればエコーやコーラス効果で良さげに聞えるため)。原曲の雰囲気はそこそこ出してはいるものの、聞き取れない部分はよく似た旋律を演奏させているらしく、そのあたりが楽曲製作者の技量・音楽知識の限界を感じさせる。

サントラとしては、かなり大昔に新声社ゲーメストレーベルとして発売されていたものがあった。また2003年ごろにも「BLAST! ~SHOOTING GAME SOUND OMNIBUS VOL.1~」というオムニバス形式のCDで一部の曲が収録された。前者は入手困難であるが、後者はなんとか入手可能である。

残念ながら家庭用作品としてコンシューマ機に移植されたことはないが、2012年現在、機種未定ながら計画が進んでいるという噂がある。

この wiki を編集

広告なしで音楽を楽しみませんか?今すぐアップグレード

Features

API Calls