Spotifyから再生中 YouTubeから再生中
YouTube video にジャンプ

プレーヤーをロードしています…

Spotify 経由で Scrobble しているお客様へ

Spotify アカウントを Last.fm アカウントに接続すると Spotify で聞く音楽がすべてScrobble されます。使用するアプリやデバイス、プラットフォームの種類を気にする必要はもうありません。

Spotify に接続

却下

Last.fm の新バージョンは使い勝手がさらに向上。サイトを 再読み込み して利用を開始してください。

バイオグラフィー

  • 生年月日

    1975年 7月 9日 (43 歳)

  • 出身地

    Detroit, Wayne County, Michigan, アメリカ合衆国

Jack Whiteを参照。

ジャック・ホワイト(, 出生名John Anthony Gillis, 1975年7月9日 - )は、アメリカ合衆国のギタリスト、ボーカリスト、音楽プロデューサー。

《略歴》
1975年7月9日、アメリカ生まれ。ジャックの持つ類稀な音楽的価値観と才能から、音楽界では不思議な存在とされており、アメリカのルネッサンス的な人物との評されている。
1997年、姉のメグとザ・ホワイト・ストライプスを結成。初期のデルタブルースを愛し、音楽に対してミニマリズムなアプローチをとり、アメリカ全土で一躍話題となる。
2005年、2つ目のバンドとなるザ・ラカンターズブレンダン・ベンソンジャック・ローレンスパトリック・キーラーと共に結成。 「旧友たちによる新しいバンド」であるザ・ラカンターズの最初のシングル、「Steady as she goes」はたちまち大ヒット。デビューアルバム「Broken Boy Soldiers」は、ビルボードのアルバムチャートに初登場7位で入り、グラミー賞2部門でノミネートされた。2006年の世界ツアーでは、ボブ・ディランと同じスケジュールでアメリカを回り、ディランとはお互いにコンサートで数回ゲストパフォーマンスを行なっている。ザ・ラカンターズの2年目のアルバム、「Consolers Of The Lonely」(2008)も初登場7位を記録し、グラミー賞を受賞した。
2011年、ザ・ホワイト・ストライプス解散。現在は2009年に新たにザ・デッド・ウェザーを結成し、活躍の場を更に広げている。2012年、デビュー15年で初の完全ソロ・アルバム「Blunderbuss」をリリースした。
映画にも出演しており、2003年にアカデミー賞を受賞した『コールドマウンテン』で、アンソニー・ミンゲラ監督は音楽監督T・ボーン・バーネットのアドバイスに従い、ジャックをジョージア役に抜擢。作品の中ではアパラチアの歌を数曲演奏している。 同年、ザ・ホワイト・ストライプスのメンバー2人が、ジム・ジャーミッシュ監督の『コーヒー&シガレッツ』に出演。ジャックとメグは、「Jack Shows Meg His Testla Coil」と名付けられたエピソードで本人の役で出演した。その後、シンプソンズのエピソード Jazzy And The Pussycats(06/未)で再びスクリーンに姿を現し、ジャド・アパトー製作のコメディ『ウォーク・ハード ロックへの階段』(07/未)にエルビス・プレスリー役で特別出演。2008年には、マーティン・スコセッシ監督のドキュメンタリー『シャイン・ア・ライト』に、ローリング・ストーンズとのニューヨークでの演奏が収められた。
It Might Get Loudで共演したレッド・ツェッペリンジミー・ペイジは、『NME』誌のインタビューにおいてジャックに対し「最近のギタリストの中ではNo.1の存在」といった賛辞を送っている。

この wiki を編集

有料メンバーに登録 すると、広告を非表示にしてサービスを楽しめます

外部リンク

API Calls